読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の黒ロン:『瑠璃宮夢幻古物店』

なぜ古物店の女主人は黒髪ロングなのか?瑠璃宮夢幻古物店 : 1 (アクションコミックス)作者: 逢坂八代出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2014/06/30メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 美人店主・瑠璃宮真央が営む、静かな住宅街の片隅にひっそりと…

『探偵歌劇ミルキィTD』とは?(2話まで観て)

『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』2話を観た。この2話までは昨年末に先行放送された内容であり、そこからここまででTDの方向性を判断してほしいという製作側の意図を感じる。ので、自分なりに以下を考えた。 探偵歌劇 ミルキィホームズ TD 1 [DVD]出版…

今週の黒ロン:『恋は雨上がりのように』

新年始まったばかりですが『恋は雨上がりのように』がすごく良い黒ロン漫画です。これ、表紙を見て惹かれる人はまず買って間違いない。 恋は雨上がりのように 1 (ビッグコミックス)作者: 眉月じゅん出版社/メーカー: 小学館発売日: 2015/01/09メディア: コミ…

『探偵歌劇ミルキィTD』のバラエティ番組っぽさ

TDの見所を教えてください! 橘田:やっぱりバラエティ番組っぽい感じです(笑) (東京MX広報誌キュートン2014冬号より) 『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』始まりました。これで今年もがんばるぞい。 冒頭に橘田いずみさんの言葉を引用したが、自分とし…

2014年に食べたパンケーキ店ベスト10

今年はパンケーキ版『孤独のグルメ』みたいな生活をしていたので年間パンケーキまとめを発表します。私のパンケーキ観についてはここに含み切れなかったため過去記事を参照いただきたいところですが別に参照しなくてもいいです。 1位:『ビルズ 表参道』 今…

2014年に読んだマンガ部門別十選

はい、しばらく更新のないまま2014年が終わろうとしています。既に仕事納めの方、一年の労働大変ご苦労さまでした。まだ仕事納めでない方、もう少しです。そもそも仕事始めがなかった方、会社は死だ。むしろこれからが戦いだろと言う方、京大SF研が舞城全…

パンケーキをめぐる冒険 ~ロージーズカフェ編~

盆栽の町・大宮にやって来た。じょーねつ氏と大宮盆栽美術館デートだ。 思えば盆栽とは何の縁もない人生であったが、意外とすんなりああこういうもんねーと入り込めて楽しむことができた。 盆栽は単体で鑑賞するものではなく配置や演出が重要となる空間美術…

堀北真希はロングヘアーの夢になるか?

ご存知の通り2014年現在、若い女性モデルやアイドルには黒髪ストレートロングが非常に多い。これを受けてかつての茶髪ブームは終わり黒ロン時代の到来と言う期待の声も大きい。 だが長期的に見ればそう楽観できるものではあるまい。 Yahooなんかを見ていると…

今週の黒ロン:『劇場版 零~ゼロ~』

今年は目の調子が悪いこともあってあまり映画を観ていないのだけれど、数少ない中でも映画館で観たものは満足度高いものでした。と言っても黒ロン目当てで観に行ってるので満足度高いの当然なんですが。 映画『渇き。』公式サイト 『渇き。』は今作が女優デ…

あのミルキィホームズ新作アニメが発表!TDってなんですか~。

食欲!性欲!ミルキィホームズ!!“ミルキィホームズ セカンドステージ”発表内容について① | 探偵オペラミルキィホームズ 公式ポータルサイト みるきーこと渡辺美優紀さんがセンターに決まった翌日にミルキィホームズの新作が発表されるとは、運命と意志の…

パンケーキをめぐる冒険 ~星乃珈琲店編~

パンケーキ文化を代表する色鮮やかに果実が盛りつけられたパンケーキは非常に女子力が高い。 女子力で装飾されたパンケーキはかつてのホットケーキとは距離が生じているが、もっとシンプルに、ホットケーキの上位互換を求める声も根強い。そしてそうしたパン…

パンケーキをめぐる冒険 ~フレッシュネス編~

昨今のパンケーキブームを受けては特段関係の無いようなファストフード店でもブームを取り入れた動きが見られる。 個人的に印象深いのは今春出ていたファーストキッチンのパンケーキバーガー(ハンバーガーのパンをパンケーキに替えたもの、甘くてこれちがう…

パンケーキをめぐる冒険 ~カフェ・ラ・ミル編~

独り暮らしの男性ほど食生活の乱れた生き物はいない、会社に拘束されていれば更なり――といった話でご多分にもれず私も今週で摂取した野菜が野菜ジュースと吉牛の玉ねぎだけだ。 そんなわけで身体の健康を気遣って休日くらいは野菜の取れるパンケーキを食した…

黒ロンオブザイヤー2014結果発表

【告知】「黒ロンオブザイヤー2014」開催のお知らせ - 水星さん家 9月6日は黒ロンの日。ということで今年も黒ロン祭ですが、今回は参加しやすくしようとした結果逆にしにくくなったようで主催者としてはちょっと驚きでした。ただそんな中でもなんとか…

【告知】「黒ロンオブザイヤー2014」開催のお知らせ

(2014.8.21追記:水音さんにロゴを作ってもらえたよ) キルミーベイベー風。 Wake Up, Girls!風。 今年も黒ロン祭ましょう! メーデーメーデー。 月日が経つのは早いもので「9月6日は黒髪ロングの日」と提唱して今年で5年目となりました。 5年経てば当時…

黒ロンオブザイヤー2014(新刊部門)に投票しました

黒ロンオブザイヤーやってます。締切まだなんでどしどしご応募ください。それでは当ブログの新刊部門を発表。 『累』 累(1) (イブニングKC)作者: 松浦だるま出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/10/23メディア: コミックこの商品を含むブログ (38件) を見る…

黒ロンオブザイヤー2014(既刊部門)に投票しました

黒ロンオブザイヤーやってます。このままずっと投票者出ないと動きが止まってしまうので私がはじめに書くことにしました。まずは既刊部門。新刊部門はあとであげます。締切まだなんでどしどしご応募ください。 『星空のカラス』 星空のカラス 5 (花とゆめCOM…

進撃の歩兵 (将棋):『the Killing Pawn』

『進撃の巨人』諫山創と『ARMS』皆川亮二が組んだ将棋漫画『the Killing Pawn』。今週の週刊少年マガジンに待望の掲載です。巻末コメントによれば「とても変な漫画」(皆川)、「実験漫画」(諌山)。 『the Killing Pawn』に関しては事前予告で発表された「…

今週の黒ロン:『白銀妃』

睦月のぞみさんの新作『白銀妃』がとても楽しかった。この人の漫画はいつもそうだけど、面白いより楽しいが強い。 白銀妃 1巻 (ビームコミックス)作者: 睦月のぞみ,ハルタ編集部出版社/メーカー: KADOKAWA/エンターブレイン発売日: 2014/07/15メディア: コミ…

今週の黒ロン:『とにかくキミが。』

『となりの怪物くん』『たいようのいえ』といった代表作と同様、ファンシーな絵柄と背景で独特な雰囲気がありますデザート作品。 菅田うり『とにかくキミが。』は『今日のユイコさん』よろしく、くそまじめな黒ロンさんがはじめての恋に落ちてあたふたしてか…

北欧ドラマ『THE BRIDGE』が超おもしろい

人生に余裕ができたので海外ドラマも観ることができる水星です。 『Downton Abbey』が終わってさあ次は何を観ようかしらと、BRUTUSの海外ドラマ特集で知った北欧ドラマ『THE BRIDGE』が超おもしろい。 THE BRIDGE/ブリッジ DVD-BOX出版社/メーカー: アルバト…

カイシャアタック・シンドローム

「内藤君は間違っている。俺が教えてやるよ。内藤君は人間が頑張れば何でも何とかなると思ってる。それが間違いなんだ。頑張りなんて無力なんだよ」 「頑張らないからあんたは病気になったんだ。甘えだよ」 「『病は気から』なんて言葉があるせいで生まれた…

今週の黒ロン:『終電にはかえします』

終電にはかえします (ひらり、コミックス)作者: 雨隠ギド出版社/メーカー: 新書館発売日: 2013/11/30メディア: コミックこの商品を含むブログ (9件) を見る 『甘々と稲妻』でブレイク中の雨隠ギドさんによる百合短編集『終電にはかえします』。 特に後半の3…

今週の黒ロン:『滅子に夜露死苦』

最近はぼっちゃり女子がきてる!という話題が上がったりそのレベルのどこがぽっちゃりやねんと騒ぎになったり。 そんななんちゃってぽっちゃり女子ブームに黒ロン黒セーラーが殴り込みだ!ということでクール教信者さんの『滅子に夜露死苦』です。クール教信…

今週の黒ロン:『君は淫らな僕の女王』

君は淫らな僕の女王 (ヤングジャンプコミックス)作者: 横槍メンゴ,岡本倫出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/02/19メディア: コミック購入: 13人 クリック: 370回この商品を含むブログ (33件) を見る名門私立高校に通う、家柄も容姿も成績も完璧お嬢様・昴…

パンケーキをめぐる冒険 ~ソンジン編~

パンケーキとホットケーキの違いをご存じだろうか? 実はパンケーキもホットケーキも大体同じもので、ただパンケーキの方が言葉の意味が広い。お好み焼きもパンケーキの一種と言う話はパンケーキ界隈ではあまりに有名である。 ホットケーキという言葉は日本…

「ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブ」に行った

昨日はヨコハマで「ミルキィホームズ&ブシロード7周年記念ライブin横浜アリーナ」に行っていた。第1部がブシロードライブ、そして第2部がミルキィライブということで、いちヨコハマ市民としてのイベント参加だ。 改めて。基本的にはカードゲームの会社で…

パンケーキをめぐる冒険 ~エッグスンシングス編~

「パンがなければパンケーキを食べればいいじゃない」と言ったマリー・アントワネットは高級パンケーキ店には長蛇の列待ちをしなければ入れない庶民の苦労が判っていなかったのだろう。 このパンケーキブームも早3・4年が経つが、今も原宿ではパンケーキを…

パンケーキをめぐる冒険 ~bills編~

「世界一の朝食」と名高いbills。その表参道店にやって来た。 店に着いてまず驚くのは行列に並ばなくていいことだ。 表参道は早朝から呆れるほど長い行列を作る有名店ぞろいで、billsはその中でもトップクラスの一店だが、店まで行くと次に入れる時間を指定…

今週の黒ロン:『スピリットサークル』

かつて『涼宮ハルヒの憂鬱』が流行ったとき皆が皆「ハルヒが黒ロンだったらなぁ」と思ったものだが、誤解を恐れずに言えばそのハルヒが黒ロンになったのが『スピリットサークル』だ。 スピリットサークル 02―魂環 (ヤングキングコミックス)作者: 水上悟志出…

高校3年生からの中二病サッカー 『夕空のクライフイズム』

以前より『BE BLUES!』の次に来ると注目していたサッカー漫画『夕空のクライフイズム』の単行本が出ました。 夕空のクライフイズム 1 (ビッグコミックス)作者: 手原和憲出版社/メーカー: 小学館発売日: 2014/04/30メディア: コミックこの商品を含むブログ (1…

パンケーキをめぐる冒険 ~デニーズ編~

デニーズの新パンケーキが話題だ。特に6枚重ねのタワーパンケーキ。こいつだ。 もちろん食べてきた私の印象としては、デニーズのパンケーキは「お手軽」だった。 ここでいきなりだがパンケーキ初心者には2つのハードルがある。 1つは経済的ハードル。私も…

ブラインドタッチができない

なにやら異常に目が疲れていて眼科へ行ったら、目薬をぽーんと4種類も処方されてちょっとおもしろかった(ちょっとおもしろくないお金も取られた)。 今はそう深刻なレベルの症状ではないが、念のため液晶画面はあまり見ないことにしている(この文章もさっ…

パンケーキをめぐる冒険 ~モクオラ編~

『パンケーキ・ノート』の著者は年間200のパンケーキを食しているらしいが、今年の私もそんくらいのペース。2014年のマイブームはパンケーキであります。これから少しずつ、パンケーキ文化のフィールドワークを記録していくはずです。 所用でアメリカネズミ…

三万円の寿司

オバマ米大統領が来日し、三万円(から)の寿司を食べたらしい。さすが大統領ともなるとすごいものを食べられる。 だが三万円の寿司ってどんなものだろう? 自分が今までに食べた最高の寿司は四千円(食べ放題)で、これで十分すぎるほど高級な味だった。こ…

歯磨きが楽しい

最近歯磨きが楽しい話はまず歯ブラシを新調したところから始まる。キスユーの歯ブラシというスグレものがあって、数年前から2chの買ってよかったものスレみたいなまとめでは常連のアイテムだ。こいつは歯磨き粉が要らない、水だけで磨けるのが特徴で、柄の金…

日記書くぞ日記

なぜか周りで日記ブログが増えてきてうれしい。 日記は、良い。なにせ日記を書けるのは人間だけだ。社会人に書けるのはせいぜい日報だ。 ともあれこうなったらどうなっても神聖コミュニケーションさよなら帝国なんてパクリ名もうさよならだ(こんなのあった…

今週の黒ロン:「冬・絵展vol.8」

毎年青山GoFaでは漫画家・冬目景先生の画展、通称「冬絵・展」が催されています。今回で8回目を迎える恒例のイベントです。 冬・絵展vol.8 - GoFa 21世紀最高の黒ロン描きの名と共に遅筆でも知られる冬目先生ですが、毎年こうして冬絵・展で1年の軌跡を…

今週の黒ロン:『ハイキュー!!』

アニメ『魔法科高校の劣等生』観ました。深雪さんがかわいすぎやしないか(悪い意味で)。 この点に関しては深雪さんを青髪にしたのがまず悪手なので今更どうにもならない感がありますが。そうなると『魔法科』と同じくヒロインが美人作品である『ハイキュー…

今週の黒ロン:『黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない』

『黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない』なる髪ゲーについて - Togetterまとめ 『黒先輩と黒屋敷の闇に迷わない』なるフリーゲームがすごい。羽衣狐様のようなビジュアルの先輩に、放課後プレイのような背徳的フェチで、アマガミ級のセクハラができる髪ゲーなのだ…

今週の黒ロン:『双星の陰陽師』

21世紀の今日もはや日本の伝統とも言える、空から降ってきた女子と許嫁(共同生活)展開だが、実はもっと日本の伝統である黒ロンとは相性が悪い。 それは前者がとてつもなくファンタジーな展開であり、そうした文脈上やって来るヒロインが明らかに異の存在で…

今週の黒ロン:『ヒトミ先生の保健室』

よかった。なんていうか懐が深い。 保健室の先生が学生のお悩み相談をするという、それだけ聞くとよくあるようなお話。 ヒトミ先生の保健室 1 (リュウコミックス)作者: 鮭夫出版社/メーカー: 徳間書店発売日: 2014/03/13メディア: コミックこの商品を含むブ…

今週の黒ロン:『咲-Saki-全国編』

2014年最高に黒ロン回でした、『咲-Saki-全国編』10話。 今年の黒ロン(時の人的な意味)に輝きそうな姉帯豊音さんが大活躍です。 197cmの超長身長にして、腰までの黒髪。ハイライトのない赤い瞳。この超長身長で腰まである黒ロンということは小さい女子な…

今週の黒ロン:『花とアリス』

テレビ放送していたので久し振りに観た。もう十年前の映画だけど良い黒ロン映画。少し前に断髪した女優の蒼井優さんがまだ黒ロンのときで。 実は観たことあることを忘れていて「そういやいつか観ないとと思ってたんだよなー」とテレビを付けたらなんか観たこ…

今週の黒ロン:『魍魎の匣』・『フラグタイム』

志水アキさんによる百鬼夜行シリーズの漫画化は以前から評判の良いコミカライズと聞いており、先日の角川Kindleセールで買い込んでいた。 魍魎の匣 1 (怪COMIC)作者: 志水アキ,京極夏彦出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2007/12メディア: コミック購入: 5人…

今週の黒ロン:『マホロミ』

『マホロミ』はおそらく2010年代を代表する黒ロン漫画となるだろう。 その意味合いとしては2つあって、1つは作者である冬目景先生が最強の黒ロン描きであること。そしてその冬目先生の過去作から見て『マホロミ』はそれらをうまく調和した作品であるこ…

話数単位で選ぶミルキィホームズ十選

おはミルキィ! アニメ版ミルキィホームズも『探偵オペラ ミルキィホームズ』・『探偵オペラ ミルキィホームズ サマー・スペシャル』・『探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕』・『探偵オペラ ミルキィホームズ Alternative ONE & TWO』・『ふたりはミルキィ…

今週の黒ロン:冬期アニメ黒ロンチェック

明けましておめでとうございます。 昨年後半から人生初映画を観る習慣がついてきて、これ今年も続けたいなーと考えておったのですが、みなさん既にお気づきの通りこの冬アニメが黒ロン多い! つーわけで冬期アニメ黒ロンチェック。例によってあんまり数は観…

2013推しマンガ十選

今年は以下の選考基準で部門別にしてみました。イェイッ! ・新作部門 対象:2013年に一巻が出た漫画。 ・完結部門 対象:2013年に完結巻(一巻完結含む)が出た漫画。 ・総合部門 対象:上記以外で2013年に単行本が出た漫画。 ・黒ロン部門 対象:2013年に…

吉住渉10年ぶりに中学生を描く『ママレード・ボーイ little』

吉住渉さん10年ぶりの女子中学生作品はなんと代表作『ママレード・ボーイ』の続編。 ママレード・ボーイ little 1 (マーガレットコミックス)作者: 吉住渉出版社/メーカー: 集英社発売日: 2013/11/25メディア: コミックこの商品を含むブログ (10件) を見る …