『惑星のさみだれ』8巻が超面白い、あと白道さん超かわいい

注意)この記事は『惑星のさみだれ』8巻のネタバレを含みます。未読の方はお気をつけて。

惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ 8 (ヤングキングコミックス)

惑星のさみだれ』が面白い。本当に、面白い。

連載開始からずっと追っている好きな作品で、なかなか話題にならずやきもきしていた。今だってもっと評価されるべき作品だと思っている。ドラマCDではあの水樹奈々さんが姫の担当をしているので、ぜひともアニメ化してOPも歌ってほしいところである(もっともドラマCDでのキャストは男性陣の声はあまり合ってないように感じたが)。現在雑誌では過去編がすごいことになっていて毎号楽しみで仕方ない。


最初からスパートかけてきた『惑星のさみだれ』だが(関連:『惑星のさみだれ』から考える、第一話から面白い漫画の弊害)、早くも話題になっているように最新8巻も超熱い。


惑星のさみだれ 8巻と希望と絶望の話 - それはロックじゃない

「かっこいいだけではかっこ悪」いことをよく知っている水上悟志先生の話  - ポンコツ山田.com



私も『惑星のさみだれ』についてはまだまだいろいろ書きたいことがあるが、とにかく急いで言いたいのは、白道さんがかわいすぎる!



(最後の場面で私が勝って二人を止められたら 私とつき合って)

シリアス展開の中、急に全然論理的でない告白が飛び出してギャグともとれてしまいそうな場面だが、白道さんがかわいすぎてギャグとは違った意味でニヤニヤしてしまう。雑誌掲載時にはなんでこの場面の白道さんがこんなにかわいく思えるか分からなかったが、読み返して理解した。


一つだけ叶えられる騎士の願いをいとも簡単に決めてしまえた白道さんが、夕日と姫が実は地球破壊を目論んでいるという騎士たちに秘密にしている事実を知っているという大きなカードをも冷静に出すことができる白道さんが、恋愛に関してはどうしようもなく不器用なとこがとてもかわいいのだ。普段はおっとり時たましれっと爆弾発言の白道さんが、顔を赤らめちゃってもうどうしてくれよう。

いろいろと今後の展開どうなるんだかワクワクな『惑星のさみだれ』だが、今はただヘビ子さんがかわい過ぎて生きているのが辛い。惑星をめぐる戦いも白道さんの恋愛もクライマックスに入りつつあるのだ。