読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画における下まつ毛表現、あと羽衣狐さま

羽衣狐 漫画

よく少女漫画の目の特徴として目が大きい・目がキラキラしていることが挙げられますが、もう一つ。まつ毛が長いのもその大きな特徴です。

人物の絵を描く際に、目は大切な要素です。いくつかの漫画を比べるだけでも作者によって目の描き方に違いがあることが分かると思います。というか、そんなこと気づいてますよね?目の描き方の好みで漫画が語られることもあるくらいですから。例えば、いわゆる少女漫画が読めない男の中には、「あの目が無理」という方も多いのではないでしょうか?

目の描き方はキャラの印象の大きな要素で、キャラの印象はダイレクトに作品の好みに関わります。そう考えるとやっぱり目は重要ですね。

目の重要性が分かったところで、まつ毛のお話。目の指標は大きいか小さいか、一重か二重かだけではありません。まつ毛の影響も大きいです。つけまつ毛とか、最近だとまつ毛エクステなんてものもあるらしいですね。昔からまつ毛が長い方が美しいという一般認識があるわけです。

現実でそうだということは漫画のキャラクターにおいても当てはまりそうです。冒頭でふれた少女漫画絵がそれを証明しています。デフォルメされたかわいい女の子を描くにあたってまつげが長いのが適していると判断されたから、あのような絵が出来上がったわけです。


今回はそのまつげの中でも特に下まつげ(眼球の下の方のまつ毛)に絞って考察したいと思います。なんでかって羽衣狐さまの下まつげが美しいからだよ。



(『ぬらりひょんの孫』羽衣狐さま)


まつ毛って言うと普通上の方を指すし、いわゆる少女漫画絵でも下まつ毛はそこまで描かれていないようです。上まつ毛の強調がすごすぎるだけかも分かりませんが。

羽衣狐さまの下まつ毛は強調というほどデフォルメではありませんが、顔アップになるとリアルに描きこまれています。下まつげを印象に残るほど描くのって珍しいと思ったのでいつも通り(?)羽衣狐さま研究にしようと思ったのですが、今のサンデーで二人も見つけたので普遍的な論に変えました。


一人が『月光条例』のシンデレラ。


そしてもう一人が『結界師』の主人公の母です。



この3人の共通項から漫画におけるまつ毛表現について考えると・・・

  • 大人の魅力

3人とも主人公(もしくは想定読者)に対して年上です。年下にとって年上とは未知の存在。妙齢の女性からはそういった謎の魅力を感じます。あ、性的な意味ではありませんよ。

  • 怪しさ

作品を知らない人のために分かりやすく説明すると羽衣狐さまはヒロイン兼ラスボス。シンデレラは元敵キャラ、母親は謎が多く未だ信用できない存在、といったところです。設定通りみんな敵として出てきてもおかしくない印象をうけます。その原因が下まつ毛にあるように感じます。だってなんか怖いもん。

  • リアル志向

上まつげが長いのと比べて下まつげはリアルな表現に感じます。それはおそらく大多数のキャラクターは下まつ毛が描かれないから、もしくは描かれてもこのように強調されることはないからだと思います。リアルに描くとこのような印象が生まれてしまい、かといってかわいく描けるパーツではないということかもしれません。

  • 羽衣狐さま

羽衣狐さまにおいては「黒」を増やす意味合いでも下まつげは機能してますね。

(関連)

  • 結論

羽衣狐さまの下まつげ美しい。