読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あさ子のかわいさに溺死しろ! 『となりの怪物くん』

漫画

追記:9巻感想書きました『となりの怪物くん』 夏目あさ子2つの成長 - 水星さん家



先日4巻が出た『となりの怪物くん』。これ、2009年の新作では一番面白い。

となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)

となりの怪物くん(1) (デザートコミックス)

  • キャラクター設定

まずメインの二人だけで面白い(説明は単行本1巻帯から)。

・水谷シズク(女)
人生の夢は「年収一千万」。唯一の興味は「微分積分」。他人にも動物にも興味はなく、ついたあだ名が「ドライアイス」。

・吉田ハル(男)
入学当初に「流血事件」。その後ずっと「不登校」。学校中が彼に怯えているのに一番ほしいものは友達。


上記2人のほかにもあまり見ないようなキャラが多い『となりの怪物くん』だが、特にシズクに関しては、こんな動かしにくいキャラをよく主人公に置いて話を作ってるなぁと感心する。さらにこの二人で恋愛ものとはすごい。
この漫画、作者初の本格連載とは思えないほど漫画としての技術が高く、すばらしいところが多いのですが、それより何より最優先で伝えなければならないのは、夏目あさ子さんがメチャかわいい


  • 夏目あさ子

見ての通りかわいいので男の人にモテちゃってそのせいで女の子から嫌われていたあさ子。そう、あさ子には友達いないんです。
唯一ネットコミュニティでできた友達とのオフ会を楽しみにしていたが、なんとその日がテストの補修の日とかぶるあさ子。どうしようもない大バカ野郎(本人談)のあさ子は、なんとしても補修をまぬがれるため勉強みてもらおうと学年1位のシズクに頼ることに。

テストも終わり、なんだかんだで補修をまぬがれたあさ子。ちなみに、このときの点数は32点(本人曰く人生最高点)。

いつの間にかシズクのこともミッテイと(勝手に)呼ぶ(自称)親友に。シズク一筋で自分の子とを好きになる心配のないハル。さわやか普通っ子のササヤン。そしてハルが好きな委員長の大島さん。中一以来友達とカラオケに行ったことのないあさ子にもついに友達ができました。よかったねあさ子!


  • あさ子百面相

まだ4巻しか出ていないというのに、あさ子は読者に忙しくいろんな顔を見せてくれます。

    • 超ハイテンション子

ずっと友達のいなかったあさ子。彼女は友達と一緒に行動することに憧れています。だからなにかにつけて皆で遊ぼうとします。そんなとき彼女はいつも超ハイテンションなんです。超ハイテンションで楽しそうなあさ子を見ていると一緒に遊びたい!

    • ウザかわいい子

あさ子のハイテンションは時にウザく思われることもある。でもこれは決してマイナスではありません。だって今、ウザかわいいが熱いから!(参考:この「ウザかわいい」キャラが、熱い!(※ただし二次元に限る) - たまごまごごはん

たまごまごさんはウザキャラがかわいく見える理由について、「ウザいキャラが容認される環境であること」・「ウザキャラ自身に悪気がないこと」・「ビジュアルがかわいいこと」の3つを挙げています。これ、見事あさ子には当てはまるんですよ。あさ子ウザかわいいよあさ子!
あとシズクに冷たく当たられてその後落ち込んでるあさ子もかわいい。

    • 臆病泣き虫子

元気いっぱいのあさ子は泣き虫あさ子でもあります。一人の寂しさに耐えかねたり、大勢の男に押しかけられたり、ヤマケンにいじめられたりしたとき、あさ子はすぐ泣いちゃいます。人との関わりに慣れていない。どうしていいか分からない。彼女には対人関係に怯えがあります。それは彼女の過去とも関係あるようで・・・。

    • 酔うと江戸っ子

あさ子には、シズクに冷たくされるとやけになってバナナジュースで酔う傾向が見られます。で、酔うと名言が出る。

「フラれてダメなら喰らいつけ!!ですよ!!」
「三次元なんてくそくらえってんですよ・・・!!」

・・・敬語なとこがいいよね?

    • 恋する女の子

そして4巻では、あさ子にも恋の予感・・・・・・!?これはちょっとネタバレなんでがまん。でもあさ子好き歓喜の4巻です。私は基本的にはシズクみたいな子が好きなんですが、それでも4巻のあさ子にはやられてしまいました。


  • あさ子マジかわいい

いろいろな顔をもち、くるくると表情を変えるあさ子。態度も服装も髪型も目まぐるしく変わるあさ子ですが、総じて言える彼女の魅力は、「常に全力」なとこ。手の届かないブドウをすっぱいと言うような斜めに構えた態度でなく、今この青春を全力疾走ているあさ子に読者は憧れ、抱きしめたい。
あさ子さんがマジかわいい『となりの怪物くん』。2010年も大注目です。