水戸がはじまってる件について(黒髪ロング的な意味で)

今、茨城県がキてます。

「北関東?南東北の間違いじゃね?」と揶揄されがちな茨城・栃木・宇都宮の3県ですが、最近その中でも茨城は頭一つ抜けたな、と思います。東京とのアクセスを良くしようと2005年つくばエクスプレスが開通。つくば市と、よりにもよって秋葉原を直結させたことでオタク文化がいい感じに流入したことと思います。そして2010年、今まさにやってる水戸コミケ

オタク文化で町おこしってのは最近よくある話ではありますが、ここまで大々的にやったのは初じゃないでしょうか?で、まぁ私は行ってないどころかノーチェックで、「なんだかんだ言って人集まらないでしょ?水戸だし」みたいに思ってたら、なんかすごいのね。

【邦楽フェス・萌え博・水戸コミケ・日本橋ストリートフェス】 イベントまとめ:【2ch】ニュー速VIPブログ(`・ω・´)

すごいなこれ!?コミケと変わらない・・・というかこれもコミケなんだけど。もう水戸なのか秋葉原なのか写真だけでは判断できません。写真がアレなせいですが。

ちなみに682の戦隊ヒーローぽいのはイバライガーといってマックとかに出没するのも茨城ではよくあることらしいです。ソースは水戸に詳しい友人の緑茶戌P。

・・・というか、現地の人たちは彼らをどういう目で見ているんだろうか非常に気になります。


で、こうしてオタクの町として着実に一歩を踏み出した水戸、茨城。詳しいことは分かりませんが、これ経済効果やばいんじゃないかと思います。しかし、一方で「萌えで町おこし」に対して不安があるのもまた事実。
西又葵を起用し、あきたこまち美少女イラストパッケージ(通称「萌え米」)を作りだした羽後町さんは、羽後町がコミケに立候補しなかった理由としてやコミケ、ひいては最近の「萌えで町おこし」の問題点についてこう語ります。(引用の都合により文章の順序は入れ換えさせていただきました)

現在行われている多くの町おこしが結局は「他の地域でやっていることのマネ」であったり、「東京の有名企業を引っ張ってくる」「東京の大企業・組織が提案した企画に乗る」というパターンに陥ってしまっています。(中略)
今回のコミケは、秋葉原の文化を持って行っただけになっていないでしょうか?
「この土地でしかできない」イベントになっているでしょうか。

美少女を使うだけでは、町おこしにはなりません。美少女の前に、「地域資源の発掘」がなければならないのです。(中略)「美少女というコンテンツで町おこし」を論じている学者の先生方は「コンテンツ」のことばっかりを主張していて、「町おこしは地域の資源ありき」という考えが欠落しています。
美少女イラストの町おこし、商品を考える 羽後町「かがり美少女イラストコンテスト」情報ページ


これを羽後町の人が言っているのだから説得力があります。あきたこまち有名ですからね・・・。
水戸コミケを見ると、確かにアキバ文化のコピーで地域性に欠けているような気もします。自分は行っていないので偉そうなことは言えませんが、結局場所さえあればどこでもできるイベントなんですよね。


しかし今回の水戸コミケに何の地域性、独自性もないかと言えば、そんなことはありません。ちゃんとがんばってる方も大勢いるんです。ふぅ・・・ようやく本題に入れます。これだ!!(↓↓)

☆ほしいも泉ちゃん(干し芋)〜藤枝雅さんによるかわいいカード付〜|株式会社幸田商店


・・・黒髪ロング和服娘キターー!!

なんという俺得。ここにきて水戸はじまったなと言わざるをえません・・・。なんかイラストに見覚えがあると思ったら藤枝雅さんですか!(『飴色紅茶館歓談』持ってます)


そもそも茨城県は全国のトップ5に入るサツマイモの特産地。あまり知られていない地元の特産品を押し出している姿勢は先の文章の「町おこしは地域の資源ありき」という理念に適ったものだと思います。そのへんは商品説明みても分かる通り。

「泉ちゃん」って名前は可愛いけれど、中身は本気の真剣(ガチ)商品です。
茨城のサツマイモの中でも「希少種」、「幻の芋」と呼ばれる「いずみ13号」を使用していますので、ひとくち食べれば、口の中に力強いお芋の強い甘さが広がります。コクがありますが自然のやさしい甘みなのでくどくなく、しっとりとした柔らかな食感が味わえます。皆さんも是非一度「幻のほしいも」を味わってください!


しかもこの「泉ちゃん」ですが詳細ページに行くとちゃんと設定がありまして、なんと大正っ娘なんですよ!

水戸の女学校に通う由緒正しい家系に生まれた女の子。
周りからは「はしたない!」と言われながらも、だいすきな”ほしいも”はやめられない・・・
今日はお天気が良いので、外で梅の花を見ながら”ほしいも”をほおばる。・・・叔母様に見つからないようにっ


・・・なにこれかわいい

なんて分かってるんだ!すげぇ、すげぇよ水戸!今や漫画にもアニメにもゲームにも希少になってしまった大正っ娘がここに!?しかもこれ藤枝雅さんが勝手に作ったのかと思ったら、「幸田商店さんのほうから「大正時代、普通にほしいもをおやつにしていた頃の女学生」というイメージが添えられていまして」とのこと。いやいやどんだけ分かってるんだよお前ら・・・

  • まとめ

当ブログは「埋もれている地域資源の発掘」に萌える「ほしいも泉ちゃん」を全力でプッシュします!!

  • 追記

キナさんが一時間で描いてくれました。いいぞもっとやれ!