「エロかわいい」について少し考えてみた

「エロかわいい」ってなんだろう?

ということが、ずっと良く分からずにいたので困った時のWikipediaを見ていたところ、以下のように書かれていました。

エロかわいいとは、かわいらしさをあらわす語の一つ。 「エロい」+「可愛い」の造語であり、セクシーさや性的魅力を含んだかわいらしさを示す。


なる。「それセクシーと同じじゃね?」と思ってました。
Wikipediaにはさらにファッションの傾向として、「エロかわ」とされる衣服の傾向は、「セクシーな要素」と「可愛い要素」の組み合わせで成り立っていると定義できる……と書いてあります。


なる。いや、待て。ファッション界用語としてはそれでいいさ。でも「エロかわいい」ってそれだけじゃない。ネット用語で2次元キャラにも使う。そしてファッション界とネット上とで使われてる「エロかわいい」って起源からして違う。歌手の倖田來未の発言から広まったファッション界での「エロかわいい」と、『スターオーシャン3』の登場キャラクター「ソフィア」のファンから2chで広まった「エロかわいい」とは違うものを指している。


起源の違いまではWikipediaに書いてある。ならば両者は違うもののはずだが、Wikipediaにはファッション界用語としての「エロかわいい」しか定義されていない。
もちろん今や両者は混同されてる面もあるだろう。しかし現実の女性に対する「エロかわいい」と2次キャラに対しての「エロかわいい」はやはり違うと思うのだ。


ファッション界用語の発端となったのは倖田來未だが、仮に彼女のようなキャラがアニメに出てきたとして、それをエロかわいいとは言わないと思う。それは個人的な好みでかわいくないと言っているわけではない。3次元にはセクシーとほぼ同義で用いられる「エロかわいい」だが、2次元ではセクシーの要素が強いキャラは「エロかわいい」を指さない。


例えばラブコメで絶対一人はいるセクシーお姉さん。主人公を誘惑してくるエロい人。こういうキャラは3次元的にはエロかわいい。が、2次元的にはあまりそう呼ばれない。なぜか?


完全な答えは出せない。しかし考えられる一つは、希少性が低い。現実にはセクシーな女性はそういないが、漫画アニメにはいない方がおかしいくらい、いる。ファッション界でエロかわいいが流行ったのは、セクシーな日本女性が新しかったからで、そんなもの2次元にはそれはもう昔からいる。新しい言葉は新しいもの(と皆が思っているもの)に使うものだ。今更ベタベタなキャラに使おうとはしまい。


では、2次ではどのようなキャラを「エロかわいい」と言うか?基本的には体つきがエロいキャラだ。3次と違うのは外見年齢がもっと低いこと。まぁ、言ってしまえばロリエロかわいい、だ。しかし2次ではみんなロリなので(断言)いちいちロリなんて使わず省略している。そう考えると3次のエロかわいいは2次的にはババァに近いかもしれない(え


さて、ここで終わってもよいのだが、私的にこの2次のエロかわいい定義にも疑問を感じていたのでもうちょっとだけ続けよう。冒頭で私は「エロかわいい」がよく分からないと言ったが、これは2次3次の意味の違いで混乱していたわけではなく、「エロかわいい」を、体がエロい、あとかわいいとするのが疑問だったのだ。


なぜなら体がエロいのは観る人の目がエロいのであって、本人がエロいわけではない。そう!エロいのはお前だよ、お前!


……失礼。しかし私の思うエロかわいいとは、「本人がエロくてかわいい」なのだ。エロいってのは性格の話。こいつを私は真のエロかわいいとして提唱したい。なぜなら2次キャラなんて程度の差はあれみんなかわいい(断言)のだから、今のエロかわいいはただのエロいだと思うからだ。

真のエロかわいいは、内面的なエロさと外面的なかわいさの相関が必要とされる。これが難しい。


というのも、「エロい」を追求すると暴走し「かわいい」から離れていくからだ。

エロいが暴走すると、ビッチやエロキャラになる。まぁ、ビッチはビッチだ。説明不要。

エロキャラとは、やたらエロいことを平然と口に出すキャラ。『生徒会役員共』とか。しかしここまでくるとネタキャラというかギャグにとられてしまって、逆にエロくない。かわいいはかわいいけど、二つの指標が違う。つまり相関してない。


この解決として、エロいの暴走にブレーキがかける必要がある。本当はエロい……でもそんなこと明かせない。普段は清楚なあの子が実は痴女……うーむ、エロかわいいを追求してたら、どうやらエロ漫画に行き着きそうだ。まぁそれも真理、それこそ真理だが、せっかくの新しい言葉なので新しいキャラに使いたい。

ならばエロいの暴走に別のブレーキがかける必要がある。ブレーキ……例えば、そう!男性恐怖症とか。確かに、男性恐怖症ならエロくても突っ切れない。なる。




……いやいやエロいのに男性恐怖症なんて、ねぇ?




しかもかわいいなんて、ねぇ?



それでエロいなんて、ねぇ?



……いたじゃねーか。


説明しよう!『セルフ』の夏目宇多さんは人一倍性欲が強く1日10回以上のオナニーをするが、男性恐怖症で男に触れもできないという美少女なのだ!!(*信じられないことに本当です)

  • 結論

黒髪ロング最高(強引)


セルフ 3 (ビッグコミックス)

セルフ 3 (ビッグコミックス)