「もっと評価されるべき」なんてタグつけても評価されない

ニコニコ動画をみているとあってしかるべきコメントのツッコミがないシーンに出くわすことがあります。投稿1日経ってない動画なら納得できるけれど、何カ月経っても再生数が少ない(=埋もれた)動画は観ていて残念。


ニコニコのコメントはつまらないものもあるけど、秀逸なネタコメントでなくても「みんなで盛り上がってる感」が出る分、基本的にはコメントがつかないよりつく方が面白くなる。コメント300よりコメント500の方が面白いかは分からないけど、コメント30よりコメント500の方が面白いはず。そのレベルの話。

で、ニコ動だと再生数の多い動画の方がコメントがつく。だから人気のある動画の方がコメントの恩恵を受けやすい、面白くなる……んだけど、それって埋もれた動画がかわいそうなとこだよなーと。だってランキング上位の動画しかみない理由にもなっちゃうし。


そんな面白さの割に再生数の少ない動画には「もっと評価されるべき」というタグがつく。言うまでもなくこのタグをクリックすれば同じタグのついた動画一覧のページに移動するわけだが、「もっと評価されるべき」はそういった検索機能としてはほとんど役立ってない。「もっと評価されるべき」というタグがついたからといって再生数が上がるわけではないんだよね。なぜかというと「もっと評価されるべき」というタグで検索する人はまずいないから。

「もっと評価されるべき」ってのは「この動画ちょっと再生数少ないけどいいっすよ」くらいの紹介であって、検索タグとしてはほとんど意味をなしてないのだ。これに限らずネタタグが多いので検索機能で役立つタグって実はあんまりない。検索重視の「〜万再生以下良作」系タグもあるにはあるのだけど、埋もれた動画の発掘としてはもうタグ検索機能自体が弱い。

何らかの企画で専用タグがついていたり相当に珍しいタグだったりすれば話は別だが、基本的にいちいちタグで動画あさる人は少数派ではないか(これはあくまで私見だが)。タグは「その動画がどういう動画なのか?」という紹介機能の方が強い。


では、「もっと評価されるべき」埋もれた動画はどう発掘されるのか?


ニコニコ広告はどうだろう?これなら再生数に関係なく動画を目立たせられる。

……いや、ダメ。宣伝というものは再生した人の内の何割かがするわけで、結局ある程度再生されてる人気あるものの方が有利だからだ。

まぁ、結論から言ってしまえばニコニコ動画で埋もれた動画はその中では埋もれたままだ

だって埋もれた動画はニコ動のシステムが埋もれさせたわけで、その発掘をニコ動でしようなんてのは矛盾している。発掘はニコ動外部でやらなければいけない


衰退期とはいえブログにはっとけば誰かしらはみるし、それより効果あるのはツイッターだろう。

ツイッターならそのつぶやきでタイトルと再生時間とサムネくらいの情報しか与えられないから、つぶやかれてる動画の再生数が多くても少なくても昨日あげた動画でも1年前の動画でも関係なくみな平等である。

即リンクとべる手軽さがあるので、埋もれた動画にとっては情報量の少なさが武器になるんだよね。「人気あるから」「再生されてるから」「上がってるから」みようではなく、TLにいる人はそのツイートだけを指標に動画を開くのだ。しかもリツイートで広がる可能性もあるわけだし。

つまり最終的な結論としては「「もっと評価されるべき」なんてタグつけて安心せずもっとコメント少ない動画つぶやこうぜ」ということですね。

あと上級者編としてタイトルの前に目を引く感想付け足してもいいし、「この人がみてるなら」と信用されるよう日々面白いpostをしておくのとさらに効果的でござい。


  • 余談

………あ、ところで『ディライトスーパーノヴァ』のコメントが少ないんだけど。



この第一話はまだいいけど以降のコメントつっこみの入らない場面が多すぎでなんだかねー。

ストーリーは961に移ったPが765プロと戦うというノベマスで、敵側視点が新しく緊迫感ある展開が面白い。

プロデュース主体のノベマスって珍しいけど原作とは違った切り口で映せばまだまだ可能性はあると思うんですよね。まぁ、こんなこと私が言ってもあんまり説得力ないですけど。

プロデュース主体だと地味な印象あるけど、こういう熱いバトルものはけっこう流行ると思うんだけどなー。コメント少ないんですよえぇ(チラッ