『探偵オペラ ミルキィホームズ』がすげぇ面白い

探偵オペラ ミルキィホームズ』がすげぇ面白いんですよ。私の中でかなりヒットしてます。


 探偵オペラ ミルキィホームズ #1「屋根裏の入居者」-ニコニコ動画-

第1話「屋根裏の入居者」あらすじ

 シャロ、ネロ、エリー、コーデリアの4人は、トイズと抜群のチームワークで数多くの事件を解決してきた『ホームズ探偵学院』の人気者。
 学生だけでなく偵都ヨコハマの市民たちからも「ミルキィホームズ」と呼ばれ、憧れの的だった。だが、ある嵐の夜、宿敵「怪盗帝国」とのバトルの最中に「ミルキィホームズ」の4人はトイズを失ってしまい、事態は激変する。
優秀な探偵だった「ミルキィホームズ」は何をやってもダメなダメダメ探偵になってしまったのだ!どうしてもトイズが蘇らない「ミルキィホームズ」4人に対し、その事態を憂慮した学院の生徒会長アンリエットは、最後通牒を突きつけた!それは何と・・・?!


特別な能力があるから特別扱いされていた子たちが、その特別な能力を失うところから始まる第一話。たいていのお話は序盤で「主人公のどこがすごいのか」に焦点が当たるのですが、このアニメでは登場人物の「どこがすごいか」ではなく「どこがすごかったか」に焦点が当たり、ひたすら現在のダメダメさが映し出されます。

「特別な能力を失って初めて自分(能力も含め)と向き合うことができる」という展開は基本的には物語後半にもってくるもの。ですが、たまにズラすのもあって、ミルキィホームズはこの「喪失から始まる物語」あるいは「取り戻す話」に分類されそうです(今後どういう方向に進むのか分からないのではっきりとは言えませんが)。

そういえば最近サンデーで始まった西森先生の新連載もお金持ちからのいきなりの転落という第一話でしたが、こういう落差のある導入はインパクトが強いですね。

さて、このアニメのどこが面白いかというと……よく分かりません!

一応タイトルに探偵とあるようにミステリ好きへの小ネタもありますがそこまで強いわけではなく、ミステリ好きはたぶん『それ町』観た方がいいんじゃないかな?といった感じ。

コメントやツイッターでの反応を見る感じ、このアニメを「面白い」と評している人があんまりいない。私も「で、どこが面白いの?」と問われると、今のところ「一見いかにも不快感を抱きそうで実は全く抱かないとこ(つまり丁寧に作られてるということかもしれない)」という主観指標しか出せないのですが。

ほとんどアニメ観ない私が2周してるくらいですし合う人には合うと思うんで、ニコ動で観られるうちに一話だけでも観てみてはいかがでしょうか?