平野綾さんがかっこいい

声優さんは20人も知っているかどうかといったレベルの私ですが、最近好感をもっている人がいて、それが平野綾さんです。

ここ数年、平野さんの行動はたびたび話題になります。最近ではバラエティ番組に出演した際「恋バナ」をしたことが騒ぎになりました。

しかし声優業界に無知な私にしてみれば彼女の行動に何の問題があるのかよく分かりません。彼女の行動が「今までの声優がやらなかったこと」なのは確かなんでしょう。しかしそれは他の芸能人、例えば俳優なら普通にやっていることです(*水着の向きを間違えること以外は)。

俳優には許されて声優には許されない。これはファン層の問題かと思いますが、最近では「女性声優の交友関係はファンサービスの一貫」という話もきいてまさに「なにそれこわい」でした。

平野さんの行動が話題になるたび「なぜこの程度のことが声優がやったというだけで騒ぎを呼ぶのか?声優業界は異常ではないか?」そんな提示がなされているように私には感じます。

ところが実際は平野さんだけが問題児扱いされ、「声優のくせに変なことをやっているやつ」とまとめられてしまいます。その「声優なのに」が異常なのに。

皮肉なことに、声優好きの中の一部で平野さんが高い人気をもつことがこの状況を加速させます。

平野さんの行動により「声優業界の特殊性」が問題になり「声優好きvs他の人」という対立構図ができるはずが、平野さんに人気があるがために、実際には「声優業界の特殊性」からは目を背けられ「平野さんのファンvs他の声優好き」という構図にシフトします。

このような流れをみていると、平野さんの問題に群がる人たちは平野さんを攻撃することで声優業界のタブーを守ろうとしているかのようです。

もちろん「声優の特殊性」を問題とした意見もあります。しかしそれはあまりメインにはこない。あくまで平野さん個人の問題として扱われるか、他の(声優業界とは離れた)大きな問題に流れていきます。処女厨問題とか。

「今時若い女性が恋愛の話をするのに規制がかかるのは異常」という意見はあっても、今それを実際にやっているのは平野さんだけです。なぜ声優だけが一昔前のアイドルのように「大切に」扱われているでしょう?

私には漠然とファン層なのだろうかという憶測しかできませんが、原因はさて置き、そういった流れ、空気に反逆する平野さんはすごくかっこよく映ります。

平野さんの存在は、声優業界という今まであまりふれられていなかった世界を内側から壊しにかかったクイーン・オブ・カタストロフィ(平野さんは『絶対可憐チルドレン』明石薫役を担当)のよう。

また声優業界のタブーを破った平野さんは、『グラップラー刃牙』で「達人は保護されているッッ」という武道のタブーを破った渋川剛気のよう。

そして『とある魔術の禁書目録上条さんよろしく「その(声優という)幻想をぶち殺す!!」と叫んでいるかのよう。

もちろん本人にそんな意図は全くないでしょうが、ですが好きに行動した結果がこれというのは、むしろサイコーにかっこいい。


 Togetterまとめ - 平野綾ちゃん、他の声優さんと交流しない理由を語る

これなんか読んでてもすごくいい人なんだなーと思います。