読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

黒髪ロング萌えの皆さん! 今すぐ「ジュエルペットサンシャイン」を観るんだ!

黒髪ロング アニメ

春から始まったアニメをざーっと観てるのですがみなさん豊作と言いますが実際けっこう面白いのありますが何か足りないと思いませんかそう黒髪ロングですよ黒髪ロング足りなくないですかはい足りないです。

そんな不況において群を抜いて輝いてる娘が『ジュエルペットサンシャイン』水城花音様であることを本日はぜひともお伝えしたい。お伝え、したい。


<『ジュエルペットサンシャイン』水城花音様(公式キャラ絵)>


そもそも『ジュエルペットサンシャイン』とは何なのかから始めますと、『ジュエルペット』というアニメの第3シリーズで、前シリーズ『ジュエルペット てぃんくる☆』はキッズアニメ好きから高い人気を得ていたようです。

ただ私もシリーズに関しては今てぃんくるをレンタルで8話まで観た程度なのでよく知りません。重要なのは前シリーズを観ていなくても全然問題ないってことです。

前シリーズを観ていなくても大丈夫どころか、このアニメ前話を観てなくても大丈夫かもしれないくらいで。というのは1話15分の2話構成オムニバス形式で、いわゆるギャグアニメだからです。そんなわけでわりと中途半端な時期に観始めてもいいんじゃないでしょうか?私も諸事情(地域事情だよくそっ)により観たり観なかったり6話以降は観てませんし。

そして花音様。取り巻きまでついてる高飛車なお嬢様という、普通ならライバルキャラの位置にいそうな主人公。彼女の魅力は何よりその、ほんとうにびっくりするほど論外な言動。2話で他人のプリンを勝手に食べた後に自分の名前を書いて所有権を主張する御姿は多くの視聴者を呆気に虜にしたことでしょう。


とー、ここまででいわゆる「うざかわいい」を思い出してしまう方がいらっしゃらないか心配です。それを完全に否定はしないけどそもそも私のうざかわ観がリンク先(やおそらく他の方)とは異なるため、そこから説明します。

「うざかわいい」は変な食い合わせ的な独特の魅力とかギャップ萌えとかで説明されてしまうのだけど、私の見解は少し違っていて、うざかわいいは自由への憧れと思うのですよ。そもそも「うざい」とは誰かがうざいと感じるという意味で、他人への配慮からみなさんうざい行動を慎んでるわけじゃないですか。その間を軽く飛び越えて難なくうざい言動をとってしまう。そこに反感をもつ人も当然いる一方でやはり憧れる者もいるんじゃないかな?私は好きですよー小衣ちゃん。

もっとも花音様に至るとその魅力はうざかわいいではとても表し切れません。それは予想だにしないエキセントリックな言動レベル(それがギャグにリンクする)もさることながら、彼女が黒髪ロングであることに意味があると思いますね。

花音様はパッと見性格キツそうないわゆるSっぽい女子に見えて、黒髪ロングにもそういうキャラクターは多いのでそこに括られていそうです。でも彼女はそういうタイプの威圧感は感じませんし実に楽しそうに生きている。その点ではうざかわの方が近いと思ってます。

先ほどうざかわいいは自由への憧れと言いましたが、ご存じのとおり黒髪ロングには清楚なお嬢様的な優等生的なイメージが第一にあって、それを制約と捉えたときにそこから解き放たれた自由の姿、それが花音様で、すなわち彼女は黒髪ロング自由の女神……と言ったら少々称え過ぎでしょうかと、判断は各人の目で。

  • 関連