読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女装男子ジャンルについて私的に定義してみた

最近気づいたんですが、男主人公が女装してるのを周りに隠して女子として生活する話が好きです。このへん流行り言葉となってしまった「男の娘」とごっちゃにされそうですが、男の娘とは違います。区別のため条件を並べるなら、女装するのは主人公でなけらばならないし、本人が女装を好きである必要はないし、女装が周りに知られていてはいけない。
それは重要なのは男のままで女性コミュニティに入れることと、周りにバレないようにするドキドキだ(と思っている)からです。キャラ属性ではなくて作品ジャンルとしての女装男子ものというか。以下、該当作品を例示。

  • 『プリティフェイス』

プリティフェイス 1 (ジャンプコミックス)

プリティフェイス 1 (ジャンプコミックス)

最近ジャンプに帰って来て『鏡の国の針栖川』(これも好き)を始めた叶恭弘先生の初期作。不良高校生がバス事故から目を覚ますと自分の顔が好きな女の子そっくりに変わっていて、それから彼女の姉・栗見由奈として過ごすことに……というあらすじ。叶先生の漫画はコミカル&エロスの調和、それに必死さの表れる形相やしっかり殴るとこ殴ってくれるとこが好きです。『プリティフェイス』は基本的には単話完結で「実は男がバレるかも→なんとかバレなかった!」の繰り返しが安心のクオリティでおそらくはこういった視点で当時から楽しんでた記憶があります。

  • 『AKB49』

AKB49~恋愛禁止条例~(1) (少年マガジンコミックス)

AKB49~恋愛禁止条例~(1) (少年マガジンコミックス)

今話題のAKBが漫画化。AKBのオーディションを受けるという憧れの女子を応援するため自分も女装してオーディションに乗り込む主人公。ところが見事一緒に合格してしまって……というあらすじ。『プリティフェイス』と同じく実は男なのがバレないように繰り返しを行う一方で、メインは「アイドルとは?」に向かう熱い漫画。作品外部の動き(AKB48など多くのアイドルグループの台頭)からもいい影響を受けて今とても勢いがあります。完結したら『少女少年』『アイドルマスターDS 秋月涼ストーリー』とも比べてみたいところ。この二つと異なり一人のアイドルではなく、AKBというグループであるという点で、この話の落とし所が気になっています。

少女少年 1 (てんとう虫コミックススペシャル)

少女少年 1 (てんとう虫コミックススペシャル)

その昔一度小学N年生で見かけて面白かったけどすっかり忘れていた漫画。昨年たまたま何かのスレまとめで画像を見かけたことでタイトルを知るという貴重な体験をしました。で、読んだのが先月(謎の空白期間)。巻毎に主人公は変わりますが、基本的にはどれも男の子が女装して女の子アイドルを目指す話です。掲載誌的な問題で一つのエピソードが短いのがやや物足りないですが、なぜか当時の気持ちを思い出して読ませる名作。

アイドルマスター ディアリースターズ(特典無し)

アイドルマスター ディアリースターズ(特典無し)

見た目が女の子っぽい主人公が男らしいイケメンになるため女装してアイドルデビューしようとする話。ちょっと意味が分からない。自分がプレイできるゲームという形態ならではの入り込みやすさが特徴。メインのストーリーは『AKB49』と同じく「アイドルとは?」に向かう熱いシナリオで、あらすじからは想像できなかったくらい恐ろしくよくできた話。並行してコミュで「実は男」がバレないようにするコメディパートも設けられてるのがこの文脈でいい。

ミントな僕ら (1) (集英社文庫―コミック版 (よ15-6))

ミントな僕ら (1) (集英社文庫―コミック版 (よ15-6))

初恋の相手を追って急遽全寮制の学園へ転校した双子の姉を追って、女装し妹として同じ学園へ編入した主人公の話(女子寮にしか空きがないため女子として編入)。この系統の話では最初に読んだというのもあるのでしょうが、これが一番です。女子寮で生活という要素もグッドなのですが、色々と恋愛関係が動く少女漫画でやったために繰り返しのパターンにはまり込まない面白さが生まれました。あとは吉住渉先生の作風が合ったのかなと。


他だと「男の娘」ブーム以降出て来た大半の作品は最初に並べた項目に引っかかるので外して、『放浪息子』はそういう話じゃないので外して、『國崎出雲の事情』もけっこう周りにバレてる状態なので外して、『少年式少女』はTSカウントなのでややズレるかなと。TSとか身体が女性になってるのは決定的かつ簡単に起こるバレが発生し得ないという理由で別カウント。
と、いうわけでいざ探してみると有りそうで無いような。厳密には上に挙げた中でも『プリティフェイス』『AKB49』『ミントな僕ら』みたいな話がこの文脈でクリティカルなので、何か他に知ってる人がいれば教えてください(ぺこり)。