読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜』第7話感想

唐突に始めたわりには2話で止まっていた『ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜』感想ですが、7話から羽衣狐様が出て来たので再開します『ぬらりひょんの孫〜千年魔京〜』はバンダイチャンネルで毎週月曜配信中だ!



(画像はあえて優雅なティータイムを選択)


……羽衣狐様パンツはいてた!!


京都編は長いのでアニメはかなり急いでるのですが、それでもやはりと言うべきかこのシーンを端折らなかったのはすばらしいです。まずは原作に忠実な肌の真白さとそれを包む黒への拘り(パンツも黒!)。そして生々しい衣擦れの音、髪や胸の動きは動画ならでは。ここのBGMがクラッシックっぽいのも合ってます。

能登さんの声は賛否あるようですが私は賛です。原作を読んでいるときは羽衣狐様の声は低いものを想像していて、能登さんの声の高さに始めは若過ぎる印象を受けました。しかしそれは始めだけで十分に不気味さが出ていますし大きな違和感はありません。ただこの声を聞き慣れている人はその不気味さをあまり感じないのかもしれず、そこがひとつ分かれ目なのかと思います。

あとこの回で久しぶりに2chまとめサイトにもまとめが上がって、そこで「さすがにサービス回は今回だけだろうけど〜」という反応を見ました。……うん。楽しみにしていてください。8話も、そのあとも羽衣狐様無双!


 『ぬらりひょんの孫』 「羽衣狐」の何がすごいのか?(裸ベッド編) - 水星さん家

2年前の雑誌リアルタイム反応。あのときは俺も若かった(棒)。