読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『烏丸ルヴォワール』

烏丸ルヴォワール (講談社BOX)

烏丸ルヴォワール (講談社BOX)

このシリーズ、二作目が出たばかりで総評するのも何ですが、構成が非常によく練られています。「プロローグ(事件)→双龍会の準備・調査(逆転裁判でいうとこの探偵パート)→双龍会(逆転裁判でいうとこの法廷パート)→エピローグ」という前作『丸田町ルヴォワール』からの構成を保ったまま、第二作の烏丸では探偵パートに大きく尺をとり、少しズラすことで変化をつけています。烏丸は前作に続いて出てくる多くのキャラクターが目立っていたので、基本的に一対一の形になる双龍会よりは視点を変え変えできる前段階の調査の方が合っていたのでしょう。そういう話的な都合だけでなくミステリ的にも構成が機能しているのは本当に上手いなぁと感じます。

以降も(続刊あるはず)基本的な構成はこの通りに進むんじゃないかと思いますが、ぼくはこのシリーズの第一章が大好きなんですよね。読み終えてそのまま二周目入っちゃうくらい。この一章だけを取り出しても短編として成立しているため、二章以降と空気が違うのですが、これがすごく羨ましいなと感じます。ネタバレ避けて色々書けないせいで分かりにくくなってますが。丸田町の侵入者との対話。烏丸の潜入捜査。この舞台がすごく羨ましく感じて、たぶん次作の一章もそう感じるだろう期待が高まっております。また映画やライトノベルによく見られる面白可笑しい掛け合いが面白く、それがただのギャグではなくその中で心理戦が行われているというおかしさと共に緊迫感があるところも魅力の一つ。

あと烏丸でキャラクターものとしての魅力がドンと出てきました。特に周りの才ある者らにコンプレックスをもった流の行動が主人公的で際立ちます(もっと達也との過去話とか見たい!)。また論語がよく動いているのには驚き。丸田町ではほとんど自分の足で動かなかった論語が、味方にも予測不能な動きをして他の登場人物を困らせる古畑任三郎のような、いやらしい味を出しています。論語は動かしようによってはイラつく人が出てくると思っていたのでこのバランスは絶妙。あと前作に引き続き安心黒ロン率です。

全体的にはものすごく多くのどんでん返し・騙しが入っているのにも関わらず、ここぞというところで力を入れて騙しにかかるのでなく、登場人物は自明のこととして行動していて後から読者が騙されていたことに気づく上品な感じのミステリ。出てくる単語にやたら麻耶が多いので気になって調べたら講談社のサイトで本人が堂々推薦してたという(そういえば先輩なのか)。講談社ボックスは化物語シリーズだけたくさん置いてあってあとはよく分からないレーベルでしたが、どうやらこのシリーズは安心して読めそうですな。あ、烏丸から読むと前作のネタバレくらうので丸田町からを推奨。