読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水谷フーカ『14歳の恋』

14歳の恋 1

14歳の恋 1

水谷フーカ世界はちょっとキレイすぎるんじゃないか、と思っていたんですよ。

だからそのほんわかとしたキュートな絵柄を活かしおとぎ話のように包まれた『この靴しりませんか?』のような、ファンタジックな包みが要るんじゃないかと。といった考えで『14歳の恋』という真っ向からの恋愛ものにはどこか物足りなさを感じて終わるのではないかと、そうした危惧から買うだけ買ってずっと置いておりました。14歳の現代ものとなるとキレイすぎる世界だけではダメなんじゃないか。もっと世の悪意みたいなものが見え隠れしていいんじゃないか。そう思っていたわけです。

が、いざ読み始めて急速に態度を改めました。

 2年B組の田中彼方と吉川和樹は大人っぽい(中略)そんなのはただのレッテルだ 本当は 実際は


周りの人々を騙して二人だけの世界。それがあまりにもピュアすぎるにも関わらず先に言った物足りなさを全く感じないのは、おそらく二人が周りの人たちを騙しているから。世の中に対しすでに意識的であること。その一点でグッと話の深みが増します。そしてこの年で周りを意識し演じることができるというだけでもう彼らは大人っぽい。

二人だけが通じ合っているという話を特殊な世界観でなく中学生という年齢でやっていること。その中で男の子は女の子の知らないところでワルイ友達ができたり髪フェチに目覚めたりうなじの色気に気づいたり、そうした一つ一つがついつい頷いてしまうレベルに何も言わなくても分かるものであるのと同時に、人が邪気眼妄想している間にこんな羨ましいことしている奴らがいると思うと世界に裏切られた感はあります。

すごいのは二人以外の人物がほとんど出てこないこと。サブキャラの話にまわさず真っ向から二人の世界を描くこと。そしてまだ続きがあること。こういう短編や一巻完結に終わりそうなものを続けて先が見られるのは楽しみです。あと何を置いてもセリフを極力排して十代の長い体感時間を共有させた上での二人のイチャイチャ。これは破壊力が大きすぎてやばいやばいと精神的後退りました。