黒髪ロング祭2012参加作品まとめ


【募集】黒髪ロング祭2012を開催します! - 水星さん家


 黒髪ロングがいいねと君が言ったから9/6は黒ロンの日。


 と言い続けてたら『はぢがーる』の作者あきのん先生も言及してました。いいよいいよー広がれ黒ロンの日!

 あきのん先生に見つかったのはたぶんこれでしょうね。短歌と書評とSFで知られる髪はるさんはメガネ黒ロンで参加。「今年は読書感想文で黒髪ロングについて書いてみました。黒ロンもいいですが眼鏡もいいですよね」(本人コメント)

 『染髪ロング好き、白石涼子さん好きの黒ロン音痴が自分なりに愛を込めて書いた黒ロン賛歌。アニメ「夏のあらし!」のオススメ文です。あと、ザ・グレート・カブキ。プロレス界の黒ロンといえば、カブキ! 高千穂!!』(本人コメント)
 "このミステリアスさと少女としての存在感を表現するのに、黒色のロングというヘアースタイルが非常に印象的な効果を生みだしている" イエス黒ロング。小林尽先生の黒ロンは美人系なのも良いです。

 作品紹介:「とある旧家のお嬢様、笹口京香は生まれつき奇妙な体質の持ち主だった。そんな彼女のもとに縁談が舞い込んで……これは、黒髪ロングの令嬢とその使用人をめぐる、仄暗くてささやかな物語」(本人コメント)
 黒ロンお嬢様に使えるのはロマンですよ!ぼくも使えたい!

 "人外性の中にある人間性を強化" つまり黒ロン。『アトラク=ナクア』は黒ロン百合名作でめちゃめちゃ安く買えて時間もかからないゲームなのでぜひやるといいよ!

 台湾から参加していただいておりますチョコさんのコスプレ写真。ザ・黒ロンの秋葉さま。黒ロン愛は国境を超える!

「語呂が良い!と思ってタイトルだけ先に決めて、見切り発車な感じで書かせてもらったお話です。黒ロンばんざい!」(本人コメント)
 黒ロンのある日常は幸せに満ちている。日々の黒ロンとの関わりは貴重なすてきな体験です。

 『咲-Saki-』も黒ロンのターン。そういえば麻雀に「ロン」はあるけど「黒ロン」はないそうです(トリビア)。

 「黒ロンの日ということで今1番ハマってる黒ロン娘とその作品について」(本人コメント)
 これはたぶん漣さんがいないと気付かなかった漫画。黒ロン祭のおかげでした。黒ロンのえろすが漂う!

 「黒ロンデーと聞いたので久しぶりに羽衣狐様をば。黒くてロングと言えばやっぱり羽衣狐様ですよね。折角なので今回は黒さの限界に迫ってみました!(真顔)」(本人コメント)
 黒すぎワロタw ぬらり本編は週刊からは消え完結が決まりましたが、羽衣狐様は永遠に黒ロン界に名を残しますよ。

 拙作。今回は黒ロンアイドルで。今年は黒ロンアイドルを探索していこう。前に書いた「黒髪ロングの文化史 〜平安貴族から萌え時代まで〜」もよろしくね。

 「萌え4コマと黒ロンについて考察と作品紹介を行いました。表現に制限のあるジャンルですがそれに負けない作品はたくさんあります。皆で読んでアニメ化を狙おう!」(本人コメント)
 逆に気付いていないだけで4コマにも黒ロンはいっぱいいるということですね!『放課後プレイ』の存在感すげえ。

 金髪ロングで知られる松本零士先生の貴重な黒ロン。羽衣狐様級にベタを使う夜の黒ロン描写が美しい。

 八戸さんのレビュー好きだなーと前々から思ってたのですが八戸さんがレビュー始めたのは2年前の黒ロン祭がきっかけらしいですよ。はいあなたは今日から黒ロン推し!

 「来年の黒ロン募金に参加するのは貴方です」(本人コメント)
 レポが出てきた!これは課金もとい募金せざるをえない。

 「主人公の大きな特徴である目に存在感があるのは、黒髪ロングだからこそなのだ、ということを訴えてみました」(本人コメント)
 まさかの話題作が登場。黒ロンのマイナス面と向き合ってかつネガティヴな印象を受けない文章はさすが。

 ブログを止めてTumblrに移ったsi-noさんも参加してくれました。森奈津子ばりのエキセントリック黒ロン百合ノベ。