読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

この4コマにおける藤井さんが輝いて見えないと失格 『平成生まれ』

 メリーくろかみろんぐ!!(早) はい、毎年この時期になると今年を代表する黒ロンキャラの話が話題に上りますね。

 今年も黒ロンアニメは数ありましたが、やはり『氷菓』の千反田える嬢が人気でしょうか。至る所で「わたし、黒ロンです!」というオーラを確かに感じました。私はアニメ自体見てねーですが。

 そんなわけで私の2012年推し黒ロンは『平成生まれ』の藤井さんです。



 見てくださいこの輝き。黒ロン美人は輝いて見えるというとてもリアルな表現ではないですか。

 この藤井さんは(このコマだけではなく)常にこんな輝きを発しています。常にこんな輝きを発していますが、佐藤さんが黒ロンにしたときは輝きがなかったことから、これは藤井さん(という黒ロン美人が発する)固有の輝きであることが判ります。

 その藤井さんのキャラクターは周りが何も言えない美しさにあります。
 作中で藤井さんが実際にツッコミを受けるのは吉村からだけで、それもごく稀。藤井さんの天然ボケにはツッコミが入らずそのほとんどが流されます。基本的に藤井さんの出てくる話は2パターンあって、吉村が出てくる場合はスルー、他は周りの絶句で終ります。
 残念美人とかバカキャラ扱されるとかではなくて美しいおバカ。逆接ではなく美しいがおバカを飲み込んでしまう。それが藤井さんという人なのです。
 まこと黒ロンかくあるべしというか、黒ロンはかくありますね。

 みんなも年末年始、黒ロン話とかそういうのするといいと思うぞ。メリーくろかみろんぐ!!(2回目)