会社を休んで漫画を読みたい2012

 年末は忙しいので少し早めに。ほら、今日休日だし。

 高校生の頃とあるブログの年ベスト漫画を見て買いに行き、正月はそれ読んで過ごしていたのが楽しかったので、ランキングは作りたいし年内に作りたいのです。
 長編は読み返してじっくり自分の中で位置付けたいので選ばない。でも働いてたらなかなか読み返せないし働きたくない。あと働きたくない。

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

きょうは会社休みます。 1 (マーガレットコミックス)

休みたい。





  • 1位:『脳内ポイズンベリー』

脳内ポイズンベリー 2 (クイーンズコミックス)

脳内ポイズンベリー 2 (クイーンズコミックス)

 「ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ」という舞城王太郎の言葉通り、自分の頭の中に何人も居て常にギャーギャー騒いでいるという『脳内ポイズンベリー』の脳内会議は在り得ないのにあるある。たまたま(マイクがonになってて)喋らないはずの人格が喋ってしまったり、こういう自分でも読めない自分みたいな人格の不安定さはわりと多くの人が判るのではないかと思う。基本うじうじ女子のディスコミュニケーションな恋愛話が脳内キャラクターの会話でコメディックに描かれていて、かつメタ視点ばっかでどうすんだよという舞城イズムも感じられる。水城せとな先生の漫画好きだなー。

ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)

ウツボラ(2)(完) (エフコミック) (エフコミックス)

 唯一つの真実へと向かうように思われた「顔のない死体とひとつの小説をめぐる謎の物語(一巻帯文)」は交錯する人々の立場や想いに沿って拡散してゆく、その大きなストーリーの流れも美しさもさることながら、普段の端正な線とそこから一気に雪崩れる激情、一体化してしまようなセックスシーン、黒髪ロング、モノローグの文字配置までこだわってデザインされていて中村明日美子先生本当に巧い。完結後のインタビューで「自分で楽しいな〜と思うマンガを描く。人に読まれて恥ずかしいと思うようなマンガを描き続けていきたい」が言う話も印象的だった。

  • 3位:『ニッケルオデオン 赤』

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

ニッケルオデオン 赤 (IKKI COMIX)

 短編集も色々いいの多かったけど今年はこれで。道満晴明先生は一般誌掲載作しか読んでいないのだけど、これはその中でもエログロなネタが(多少)抑えられてて読みやすかった。「回収委員と幻肢痛」は泣いてしまった。黒ロン多いのもよかった。これも本当に在り得ない変てこな話なのだけど「ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ」という舞城王太郎の言葉通り(略)

  • 4位:『ちぐはぐラバーズ』

ちぐはぐラバーズ 上 (少年チャンピオン・コミックス)

ちぐはぐラバーズ 上 (少年チャンピオン・コミックス)

 鈴木央先生に黒髪ロングを描いてほしいという年来の願いが今年ついに叶えられた。氏にとって初の黒ロンメインの漫画となる本作は黒ロン爽さんの美人描写はもちろん、全体のストーリーも「大切なものは始めから自分の元に」「大切なものを守る力は天賦」という良い少年漫画だった。気高い高嶺の花美人も迫力ある戦いも小さな少年も描ける鈴木央先生だからこそ生まれた漫画だと思う。また黒ロン描いてほしい。

  • 5位:『アオハライド』

アオハライド 6 (マーガレットコミックス)

アオハライド 6 (マーガレットコミックス)

 私事ですが私今年から満員電車通勤民なのですが咲坂伊緒先生が「満員電車嫌なんで漫画家になりました〜」みたいなこと書いているのを見てそっかーそれなら仕方ないねーと通勤してますからね(いや会社自体行きたくないけど)。始め前作に比べるといまいちかな〜と思っていたけどどっこい。小集団内の恋愛やらごたごたを起こしてて人の嫌な気持ちも描いてるのに一時でも悪人に見えない。この爽やかさすごい。