読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『ふたりはミルキィホームズ』4話感想

 『第二幕』からスパンが短かったために見落としがちだが、『ふたりはミルキィホームズ』は続編ではなくシリーズ新作として観るのが正しいはずだ。
 タイトルからして『ふたりはミルキィホームズ』であり『探偵オペラミルキィホームズ第三幕』ではない。続編ではなく後継作品。
 それが『ふたりはミルキィホームズ』のポジションであり、カズミとアリスの二人もまたミルキィさんの後輩として現れる。だから私はこの『ふたりはミルキィホームズ』は後輩アニメだと思っている。
 という見方をしていくとここまで、非常に簡単なものにせよ「捜査」や「推理」を重ねているフェザーズに目が留まる。
 このようなフェザーズの姿勢はアニメ前シリーズには皆無であった探偵要素を意識して抑えるもので、それが出来の悪い先輩の失態をフォローする後輩の献身的行為のように映る。つまり一連のフェザーズの探偵行為、そして『ふたりはミルキィホームズ』はダメダメな先輩たちの創ったデタラメな世界観を踏襲してなんとか探偵アニメをやっていこうという試みのように思えるのだ。
 もちろん作中のフェザーズはミルキィさんをリスペクトして止まないのだが、ミルキィさんがダメダメだったことを我々視聴者は充分よく知っているわけであり、そうなるともうダメダメに扱われている先輩を擁護するかわいい後輩にしか見えない。

 『ふたりはミルキィホームズ』。なんて感動的な後輩アニメなんだ……。
 なんかもう4話の感想じゃないことに気付いてしまったが。以上を踏まえてミルキィさんがトイズをなくしていたことをフェザーズが知ってしまうという展開は二重におもしろいなと思っている。