仙台に行ってきました日記

 先週のこと。わけなくて宮城県仙台市を訪れてた。
 仙台は自分にとって大学時代に住んでいた地であり、地元や古い人間関係や労働から離れて過ごしていた大事な地である。



(画像は景気の低迷を背景に供給過多になって社会問題化していることで有名な仙台駅前のタクシー)


 わりと誤解されるけど、仙台は冬もあまり雪が積もらないので(太平洋側は積雪少ない)ガチの雪国よりは全然生活しやすい。市内には緑が残り道は広く、東北の中心として若い人が集まって活気もある。東京のようにせわしなくうごめく社会人共ばかりでなく、落ち着いていて居心地がよかった。

 今回は特別用事があったわけでもなく、里帰り的な意味でふらふらと昔住んでいたところや通っていたところを回ってきた。「もうここに俺の居場所は無い……」みたいな感慨にふけることもなく、元からもらふらしてたので未だにふらふらできるんだな〜とふらふらしてた。もう住所も住民票も無いけど未だに七夕は8月だと思ってるしもうちょいモラトリアム仙台市民できるはず。



お昼ご飯はたすくさんに教えてもらった青葉区蕎麦屋松美庵」(火曜定休)。仙台には関東以外では初の出店となるラーメン二郎もあるのですが、スルー。


 そういえば関東に来てからずっと漫画買いにくいなーと思ってたのだけど、仙台はなぜか駅前に書店が密集している。
 駅構内にBOOK EXPRESSが2店(1店は改札内)。ほぼ駅隣接してブックスみやぎ。徒歩5分圏内でジュンク堂が3店、丸善TSUTAYA(←ここは小さい)・とらのあなアニメイトゲーマーズメロンブックスらしんばんBOOKOFFなどなど。街中にもあゆみBOOKSが3店入っていてどれもそこそこに規模が大きいため、本と漫画くらいしか買わない自分には秋葉原より全然買い物しやすかったのだった。仙台よいとこです。


 慣れてるし日帰りできるし、これで新幹線がもう少し安ければもっと行きやすいのだけど。東京から片道1万はちょい高い。あとおすすめの仙台はせんだいメディアテークです。帰ってから仙台大観音さまがあることを知ったので次はそこも見てみようかしら。