『BE BLUES!』高校編、桜庭さん再登場で一気におもしろい

 10月14日はー体育の日ー。
 はい、今お気に入りのスポーツ漫画は『BE BLUES!』です。



 サッカー天才少年だった主人公・一条龍がどんな逆境にも負けず、立てたプランを実行する。龍のゆるぎない心を見てチームメイトはおろか場外の者まで感化される様は美しく、読んでいるこちらまで「サッカーすげえ」が伝わってきます。

 そして9巻から始まった高校編がやばいおもしろい。
 かつての強敵がチームメイトとなり、身体的にも経験値も上の先輩らとレギュラー争い。そして対外試合へ――。というスポーツ漫画の黄金パターンにはまった形です。


BE BLUES! ~青になれ~ 4 (少年サンデーコミックス)

BE BLUES! ~青になれ~ 4 (少年サンデーコミックス)

(ヒロイン2トップ。優希とアンナ)


 ヒロインも幼馴染とハーフ美少女の2トップが成長してまた一段かわいくなり、そしてなお龍ちゃんにベタぼれという状況がやばい。高校のサッカー部は優希含め4人の女子マネがおり、その全員が黒髪というのもポイント高いです。

 ここまで女子のみならずなにかと突っかかるチームメイトも協調性に欠ける後輩も様々なヒロインを陥落してきた龍ちゃんですが、高校編のヒロインはそう甘くない。そう、桜庭さんだ。




Before(小学生の桜庭。このときから尊敬してほしい)



After(高校生桜庭。自分を曲げてる)


 小学生編で低身長の無神経クソ生意気な天才だった桜庭は、なんと龍と同じ高校へ進学。成長した桜庭は猫をかぶれる低身長の無神経クソ生意気な天才として再び龍の前に現れます(ん?)。
 洗面台の鏡を割るくらい必死で「自分を曲げていた」桜庭さんでしたが(さん付け)初の公式戦出場で厄介なマークを受け、あっさり性根を表してしまいます。このときの顔芸も最高におもしろいのだが以前書いてました(関連:『BE BLUES!』 桜庭が低身長の星かと思ったらヒロインになっていた - 水星さん家)。キレやすく協調性に欠ける、ゆとりの鏡のような桜庭の言動は早くも問題となり、ご親切にも忠告しようとした優人と乱闘騒ぎ。からのとばっちりで龍まで謹慎処分というまさかの展開。
 順調にスポーツ漫画黄金パターンに入っていた流れを見事に引っ掻き回す良い役回りをしてくれました。このとき桜庭が他の人は面と向かっては避けがちな龍のケガの件を容赦なく突くところに、『聲の形』の石田が西宮に対するようなガチな付き合いを感じます(正ヒロイン)。


 ところで高校編ではもう1人新たに女子が登場しています。素っ気ないクラスメイトの江藤さん(ポニテ黒ロン)。



(江藤さん。ポニテ黒ロン)


 サッカー全く関係ないこの子をどう話に絡めてくるのか個人的興味ありだったのですが、なんと英語力を活かしミルコの通訳として登場。ミルコの呼ぶ「龍」「優人」を、クラスメイトの名字も把握していないばかりにそのまま訳すしかない(ろくに関わりもないクラスメイトを名前呼びする)シチュエーションはそこらのラブコメより自然でぐっときてしまいました。

 そんなラブコメ『BE BLUES!』としては、桜庭・江藤という低身長と高身長黒ロンの組み合わせを当方是非とも推していきたい所存。この2人の登場回は実はかなり重なっているにも関わらず、ずっと直接対面がない状態で、やきもきしていた読者も私だけではないでしょう。
 その対面がついに果たされるということで今週はかなり期待大でしたが、これまた予想以上の出来。



 高校進学前、龍のサッカーを「独りよがり」と称したミルコが今の桜庭を見てどうするのか? 龍ちゃんと桜庭のラブは? 江藤さんと桜庭のラブは?……などなどサッカー漫画としてだけでなくラブコメとしても気になる『BE BLUES!』高校編。桜庭さん再登場で一気におもしろくなってきました。
 尊敬にこだわるのはきっとおじいちゃんに「尊敬されるような人になりなさい」とか言われたんだろうなぁ。もちろん低身長ゆとり社員なので桜庭さんのことリスペクトしてますよわたし。