今週の黒ロン:『累』

 イブニングで見かけて気になっていた黒ロン漫画。予想以上の内容で驚きでした。

累 ―かさね― / 松浦だるま - イブニング公式サイト - モアイ

 こちらで1・2話が読めます。


累(1) (イブニングKC)

累(1) (イブニングKC)

 単行本は表紙が色っぽい印象的。

(あらすじ)主人公・累の亡き母は美しき大女優。しかしその子である累の容姿は醜くかった。小学生の累はその醜さゆえにクラスでもいじめを受けていた。それを変えたのは母が残した口紅。それは、塗って口づけをした相手と顔が入れ替わるというアイテムだったのだ……。


 母譲りの天性の演劇の才能を持ちながら、その容姿のコンプレックスから累は舞台に立つことができません。


 それが美少女の顔を手に入れたことで世界が変わります。醜い自分の劣等意識から離れ、美しい顔で見る世界は自信と優越にあふれていました。



 しかしその幸せな時間も一瞬のこと。口紅の力には時間制約があり、累はすぐ元の醜い顔に戻ります。

 他人の顔を奪うのはリスクが大きい。累は安易に口紅を使おうとはしません。それでも一度知ってしまった舞台の魅力、そして美しい容姿の世界の魅力は強く、彼女を惑わせます。

 累の母も口紅の力で美しい顔を手に入れていたはずで、それが維持していたからには永続させる方法があるのではないか……口紅の力には未だ謎が残ります。累は母の通っただろう道を辿ろうとし、結果的に再び他人の顔で舞台に立つことになります。

 容姿コンプレックスから来る鬱屈した劣等意識やサスペンス展開が著者初連載とは思えない程うまく、読ませる作品ですが、それとは別に1エピソード毎に次々と出てくる美少女をみんな黒ロンにしていくカタルシスに富んだ黒ロン漫画として読んでも満足の内容でありました。黒ロン美人になりたい。