ブラインドタッチができない

 なにやら異常に目が疲れていて眼科へ行ったら、目薬をぽーんと4種類も処方されてちょっとおもしろかった(ちょっとおもしろくないお金も取られた)。

 今はそう深刻なレベルの症状ではないが、念のため液晶画面はあまり見ないことにしている(この文章もさっと紙に下書きした)。こんなときでもPDF資料は読めるからお前の鼻じゃなくてKindleが役に立つ。

 しかし目薬が効いてだいぶ楽になった。何でも薬で治るようなもんなら治した方がいいし、ちょっと異常を感じたら医者に看てもらうのがいい。身体はどんどん減価償却するし、現代医療技術の恩恵を受けまくれ。何もなくても日記のネタくらいにはなる。

 そういえば何年もパソコンを使っているというのに俺は未だにブラインドタッチができないが、これもずっと液晶画面を見ているのが辛いからだったと思い出した。目が良くなったら今度こそ覚えようと思う。