パンケーキをめぐる冒険 ~カフェ・ラ・ミル編~

 独り暮らしの男性ほど食生活の乱れた生き物はいない、会社に拘束されていれば更なり――といった話でご多分にもれず私も今週で摂取した野菜が野菜ジュースと吉牛の玉ねぎだけだ。

 そんなわけで身体の健康を気遣って休日くらいは野菜の取れるパンケーキを食したいところである。
 パンケーキ初心者は誤解しがちだが、パンケーキはスイーツだけではない。俗に食事系パンケーキと言ってモーニングやランチ、場合によってはディナーとしても食卓に並びうる万能食だ。時代はどんどん動いているのにいつまでもホットケーキの感覚でいてもらっては困る。

 食事系パンケーキの良いところは、――余談だが筆者は甘いものを好まないこともあって食事系パンケーキこそ至高とするパンケーキクラスタにおける少数派閥に属する――あざとさがないところだ。テレビや雑誌に出るような有名店に来ちゃったミーハーてへぺろでもなく、スイーツ好き女子力アピールでもない。ただただ純粋にパンケーキを求めていけば、イイネのためのパンケーキではない、パンケーキのためのパンケーキに行き着くはずだ。そしてそれこそが食事系パンケーキなのだと筆者は主張している。

 東京や神奈川などに数店舗もつCafe La Milleもまたそのような食事系パンケーキを出してくれる。今回訪れたのは上野広小路店。
 行列ができるような賑やかな店ではなく、客の年齢層も高めで落ち着いている店内。ザ・カフェといった店の作りと店員さん。間違ってもFacebookでイイネをもらいたい女子は迷い込まない、こういう店でパンケーキを頼むのが真のパンケーキ愛好者である。


f:id:mercury-c:20140914125713j:plain


 本日注文したのはランチメニュー「海老とアボガドのサラダとパンケーキ」。最近は食事系パンケーキも珍しくないが、その中でも十分に野菜量があるタイプではないか(※食事系パンケーキはモーニングでスクランブルエッグやソーセージと少し野菜を添えたものが多い、と思う)日常野菜分が不足している人におすすめのパンケーキだ。
 筆者は普段アボガドが嫌いなのだがここのアボガドは、やはり嫌いだった。なんか溶ける感じが嫌だ気持ち悪い。でもパンケーキはおいしいのでやっぱり自分の好きなものを食べるのが一番健康にいいという結論に至った。パンケーキパンケーキ。