読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀北真希はロングヘアーの夢になるか?


 ご存知の通り2014年現在、若い女性モデルやアイドルには黒髪ストレートロングが非常に多い。これを受けてかつての茶髪ブームは終わり黒ロン時代の到来と言う期待の声も大きい。

 だが長期的に見ればそう楽観できるものではあるまい。

 Yahooなんかを見ていると「役作りで自慢のロングヘアをばっさり」というニュースを年に数度は見てしまう。そんなときは何とも言えない悲しい気持ちで出社するものだ(Yahooニュースを見るのはたいてい朝なので)。

 これがドラマや映画を、その製作側を批判すれば済む問題なら簡単だが、役作りはあくまできっかけであり、日々消費される女優たちが「新しい自分」をアピールするべく自身で決めたことだろうので、当然企画だけに問題があるわけではない。

 そういうわけでまあ、何とも言えない。

 現在の黒ロン女性モデルやアイドルたちも数年後には軒並み断髪してしまうのだろうか?


 だが失われゆく黒ロンの向こうに変わらない黒ロンもいることでぼくらは生きていける。

 人気モデルであり今年『渇き。』にて女優デビューも果たした小松菜奈さんはドラマ(映画も)『近キョリ恋愛』で黒ショートの主人公を演じているが、断髪はしないまま、ウィッグで済ませている。



Kinkyori Renai - 近キョリ恋愛 - Trailer - YouTube


 2012年には途中髪を切るシーンのあるPVにも出ているがこのときも断髪には至っていない。



椎名林檎 - 自由へ道連れ - YouTube


 また六歳からずっと黒ロンであり続けるぼくらの栗山千明さまは、これまで顔つきや身体の変化は当然あるが、どうして『神話少女』からの栗山千明イメージを保っていて、このまま五十代になっても栗山千明でやっていけるんじゃないかという気さえする日本の宝だ。



栗山千明 CM イオンモール 2014 AEON MALL AUTUMN - YouTube


 こういうイメージを保てる人は日本人には珍しい。それは多くの日本人女性がkawaiiを売りにしているから、どうしても身体成長の過程で変化したりメイクを変えたりする中で元々のイメージとズレが生じるのだろう(それを「劣化」と呼ぶ人もいる)。


 変わらない黒ロンがぼくらの生きる希望であることもまた変わらないことだが、それとは別に最近注目しているのが元々ショートヘアでいた人が髪を伸ばし始めるケースだ。

 十代では中性的なイメージを売りにしていた堀北真希(以下敬称略)が髪を伸ばし始めた頃は、ショートの人によくあるちょっとしたイメチェンで肩に届かないくらいまで伸ばしたら元の長さまで切るんだろうと思ったものだが、ところが堀北は今も髪を切らないままでいる。現在の堀北は憲法解釈にも依るが、まあ一般的にはロングヘアーと言ってもおかしくないラインまできている。



堀北真希「嘘ピョン」2014クラシエいち髪CM - YouTube


 中性的な顔立ちで目が大きく、マンガに出てくるようなボーイッシュな美少女と持て囃された堀北が、2007年にはドラマ『花ざかりの君たちへ』で「男子校に潜入した女子」という役までやっていた堀北が、まさかここまでロングヘアーにするとは誰も想像しなかったのではないか。



堀北真希 -CM- LOTTE エアーズ 15秒 - YouTube


 しかし今やアラサーに足を踏み入れた堀北が(明日誕生日だおめでとうございます)仮にショートヘアのままでいたとして、ずっとかつてのボーイッシュな美少女のイメージを維持できたとも思えない。なにせ「ボーイ」ッシュで美「少女」だ。
 そう考えると大人っぽくなっていく身体成長と共に髪を伸ばしていった堀北は、実はスムーズにイメージチェンジを成功したようにも見える。

 だがこれは誰でもショートヘアで十代を過ごした女子が二十代で髪を伸ばし始めたら成功するというようなマニュアルみたいな話ではない。

 かつての堀北を振り返ると、今の十代女子のような、例えば自撮りのようなkawaiiをぐいぐいアピールするあざといかわいさはなかった気がする。むしろそんなことをしなくても、黙っていてもかわいい絵になる美少女というのが十代の堀北だった。こう言っては何だが前者は「かわいいは作れる」のかわいいであり、後者の方がより素材の力に依拠するものだろう。

 そんなわけで私は今のkawaii女子の黒ロンに対して危機感を持っている。いつかkawaiiの限界にきて、断髪してしまうのではないかと。そして堀北の例で見たように、残念ながら、ショートヘアのkawaii女子がこれからロングヘアーにしたとしても、それだけでうまくいくとは限らない。

 それはそれとして全ての女子にはロングヘアーにしてほしいというのを本エントリーの結論としてこれを結びたい。