読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の黒ロン:『咲-Saki-全国編』

今週の黒ロン

 2014年最高に黒ロン回でした、『咲-Saki-全国編』10話。



 今年の黒ロン(時の人的な意味)に輝きそうな姉帯豊音さんが大活躍です。
 197cmの超長身長にして、腰までの黒髪。ハイライトのない赤い瞳。この超長身長で腰まである黒ロンということは小さい女子なら間違いなく地に着くレベルの長さでは………2014年は姉帯さんの黒ロンに注目です。

 岩手出身ということでオリジナルはやはり遠野物語にあるのかな?羽衣狐様と同門ですね。
 長身に加え、夏なのに黒いロングブレザー&ロングスカート、白いリボンの付いた帽子と異様に迫力あるファッション。そして六曜と呼ばれる謎のスキルで決勝の場を圧倒します。


 ですが姉帯さんはこわい!だけじゃない!!
 その外見からは想像もできない口調や行動の幼さとミーハーには驚かされます。

 大人っぽい人や見た目こわい人が、実はかわいいものが好きだったり甘い物が好きだったり、意外なギャップ面を見せるのは定番でありますが(不良が雨の日に捨て犬を拾うアレ)姉帯さんの場合はそういうのとは違って。本人が外面イメージとのギャップを意識してなかなか内面を出せないのでなく、そもそも本人は外面のイメージを意識していないという違いです。



 でっかい黒ロンさんが「ちょーうれしいよー」と言い出したり泣き出したり。びっくり。


 おそらく彼女がぼっち……じゃなくて同年代との関わりがあまりなかったことに起因しているのでしょうが、姉帯さんを見ているともしかして自分が背が高い(と思われている)ことすら分かっていないのでは……?と思えるほどの自然体です。それもこれほど美しい黒ロンに生まれて、目立つ格好もしていて。

 そんな奇跡のような岩手産ナチュラル女子が姉帯さんです。

 アニメは9話10話と続いて姉帯さんがナチュラルに楽しんでいることが分かる髪回でした。永水女子と比べると髪の黒さが落ちるのが非常に惜しく感じてましたが、試合中は場の照明がかかるのでちょっと明るく見えるんでしたね。漫画でももっと出てほしいなー。



 私事ですが現実生活で高身長クソ野郎に出会っても「しかしこいつも姉帯さんよりは小さいんだよな……」と思うことで怒りを抑えるライフハックはけっこう活用しています。