読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『探偵歌劇ミルキィTD』とは?(2話まで観て)

 『探偵歌劇 ミルキィホームズ TD』2話を観た。この2話までは昨年末に先行放送された内容であり、そこからここまででTDの方向性を判断してほしいという製作側の意図を感じる。ので、自分なりに以下を考えた。



  • リーダビリティの高いギャグ

 分かりやすいツッコミやメタなギャグ、あえて作画をいじったり画面上で誰か1人だけおかしな動きをさせたり、間を長く取って流すオチetcetc、TDは過去のシリーズでも用いられなかったほど多種多様な手法で笑いを取りに来ている。
 しかしそれは視聴者の脳内処理が間に合わないような質・量ではなく、とてもバランスがいい。リーダビリティの高いギャグ描写だ。TDの感想で「2期は過剰だったがTDは1期のちょうどいいくらいに戻った」という反応をいくつか見ていて、感覚としてはそう受け取っている人が多い気がする。
 ただそれはTDが1期を目指したものではないという点には注意が必要だ。1期では作画のいじりが多く、切り替えが激しい、テンポのよさがミルキィの売りだった。それに比べればTDは悪く言えば単調。それを飽きさせないように先に挙げた多種多様なギャグを用いている。比べてテンポは落ちるが、見ていて疲れない、忙しくない、観やすい点ではTDの方が優れている。1期のような切り替えの激しさを目指さないのはおそらく作画が替わったことと、ストーリー性が今までより強いために連続性を持たせたいということではないか。

  • TDのストーリー性

 とにかく笑えるのがミルキィでギャグこそがメインという認識もあるだろうが、TDの基本ストーリーはあくまで天城茉莉音の成長譚である。
 1話がトイズをなくした過去を持ちながら奮闘するミルキィホームズを見ての決意、エレメントをなくしてからの立ち上がりの物語であったのに対し、2話は歌を亡くしたことでアイドルというものに向き合い、さらに強くたくましくなっている(はじめは映画吹き替えの仕事に嫌悪感を示していた茉莉音が最後にはたくましくそのお仕事に取り組んでいる様を見よ!)。

  • 連続性について

 今回エレメントをめぐる事件とは別に怪盗カラーザファントムも動き出していることは物語を多層的におもしろくしている。十津川が怪盗であることは3期ふたりはミルキィ、小衣ちゃんにアイドルの才能があることはサマースペシャルでそれぞれ実証済である。加えてミルキィホームズが過去にトイズをなくし畑を耕していたことなど、TDは過去のシリーズ設定も継承していることがわかる。
 またTD2話は1話で無実の罪で捕えられたままとなっていたフェザーズのカズミが解放されるところから始まることから、1話毎に独立し前のエピソードでの事件を引きずらないタイプの形式ではないようで、天城茉莉音の成長譚として一連の物語に連続性を持たせていることがうかがえる。
 余談だがミルキィホームズはやたら投獄シーンの多いアニメとしても知られているが、TD2話はシリーズ久し振りの投獄回となった。

  • これからのTDの話

 以上、2話までの雑感だがここまででTD、非常におもしろい。特にこの2話は以前作成した「話数単位で選ぶミルキィホームズ十選」に入れられそうなくらい、すごい。
 もちろん問題はここから、長期にわたってのストーリーで最後まで視聴者を飽きさせないところだが、G4の残り3人や怪盗帝国といったキャラクターをここまで出さず温存するなど、実は既に手は打たれている。そしてそれ以上に、さらに何を見せてくれるのかを楽しみにしている。

  • 追記:アイドルアニメとしての側面

 アイマスラブライブアイカツやプリパラといった今流行りのアイドルアニメと並べられるものかはわからないが、TDにはアイドルアニメとしての側面もある。
 そしてそれはアイドル主体ではなくあくまでミルキィシリーズでアイドルを扱ったスタンスであることから、上に挙げた作品群とは異なるアプローチがとられている。
 それは例えば「事務所なんてアイドルを利用することしか考えてない」「話題性だけでキャスティングされてネットを炎上させる吹き替え」といった、かなりきわどいギャグを入れ込むところからわかる。それでもTDは天城茉莉音のアイソルとしての成長譚であり、最終的にはこう言った諸々の問題も含めてアイドルは肯定される。
 アイドル当人の問題より、その外側も見ていること。またミルキィホームズが探偵であるために、「女の子は誰でもアイドルになれる」ではなく、アイドルもトイズのひとつといった立ち位置にあることも特徴か。いずれにせよミルキィらしい懐の深さをこんなところからも感じる。