今週の黒ロン:『コンティニュー』

 『COMIC快楽天2015年3月号』に掲載された読切漫画、きい先生の「コンティニュー」が優れた黒ロン漫画であったため、初めてエロ漫画のレビューをしようと思います。画像は無しでがんばります。


 ストーリー。自分のせいでケガをしてしまった図書委員の先輩を自宅までお見舞いに行ってなんだかんだ流れでセックスという、取り立てて珍しい要素はないですが、よく見るとこの漫画、情報量が非常に少ないことに気づきます。

 登場キャラクターもこの2人に加え先輩の姉が少し出てくる程度ですし、2人に関しても名前はわかるけれどその他の情報や関係性はほぼ見えない。絵が非常に細かく描き込まれているのとは対照的に、作品内の情報量はものすごく少ない。「図書委員」というのがかろうじてキャラクター情報ですが、これもケガのきっかけとして必要になったという程度。

 これはもちろんあえてやっていることで、エロ方面はある意味で最も物語移入度を重視するコンテンツですから、ノイズとなる情報をとっぱらって先輩と後輩という関係性にすべて落とし込んでいるのでしょう。

 もちろん一般の漫画であれば先輩と後輩というだけで共感や感情移入が発生するわけがありませんが、エロコンテンツの場合は基本的に読者が物語移入に対してとても積極的であり、1話読切であることからもこの情報量の少なさは正しい。

 ただ今回注目したのはエロコンテンツとしての効果とは別で、この異常な情報量の少なさはキャラクターを記号的にするほどの情報量すら与えないことで、よりリアルっぽく感じさせる効果を生み出しているという点です。それが黒ロンの巧さと繋がります。

 かわいい黒髪ロングの女子を描くのが巧い漫画もきれいな黒髪ロングの女子を描くのが巧い漫画もたくさんあってうれしい限りですが、そのすべてがロングヘアーを描くのが巧いとは、残念ながら言えないのが現状です。

 元イラストレーターの漫画家に対して「絵はうまいけど動きが描けていなくて止まっているよう」といった意見を聞くことが時々あります。そのロングヘアーに特化されたケース、「髪の動きが描けていない」人は、実はけっこう多いのです。

 例えば激しい動きをしているシーンで全く髪が崩れていなければおかしい。そこまでの人は少ないです。ほとんどの漫画はちょと髪が乱れていたり動いていたりします。

 ところがそういった漫画であっても、実際は「こういう構図ではこうなる」というパターンがある程度決まっています。そのため髪の動きがパターン化されており、動きが描けているようで動きに感じない、どうしても型にはまった止まったような、記号的な髪の印象を受けてしまう問題が生じています。

 この問題には、髪の長いキャラクターを出さないことや、髪の長いキャラクターに激しい動きをさせないor見せないことで主に対処がされています。実際、ロングヘアに比べるとショートヘアのキャラクターの方が、髪の自然な動きを描けている人は多いです。
 ちなみに『ぬらりひょんの孫』の羽衣狐様においては髪を全て黒ベタに塗り、髪の動きを感じさせないことで逆に厳かな雰囲気を出すというものすごい手法が使われているので、各自確認のこと。

 さて、きい先生の「コンティニュー」。ここまでの流れで予想できる通りで。自然な動きのする髪が描けています。だけでなくストレートロングヘアへの強いフェチズムを感じさせます。


f:id:mercury-c:20150222072230j:plain
(流れ落ちるようなひとつひとつ房の丁寧な描き方や、それによって髪が前にかかったり目が隠れたりするところが自然なロングヘアの動きっぽい)


 始めは結んでいた髪をセックスの段階で解く(スイッチが切替ってセックスに積極的になったことを示す)というシチュエーションの妙から始まり、前述した記号的な髪の動きとは異なり、1コマ1コマで髪の動きが違います。特にセックスシーンに入ってからは、これでもかと言わんばかりに「ロングヘアー」を感じさせる構図や仕草を描いており、それら技術の一つに自然な髪の動きがある印象です。上から下に流れるストレートロングヘアがとてもきれいで、構図に当てはめて髪の長さを変えるようなこともありません(髪の長さからして床に付くような場面では変に短くして誤魔化さずちゃんと付いている等)。

 先程「この異常な情報量の少なさはキャラクターを記号的にするほどの情報量すら与えないことで、よりリアルっぽく感じさせる効果を生み出している」と言いましたが、これが土台となっているから、髪の自然な動きが活きるわけです。

 また雑誌内で比較すれば一目瞭然で、他の掲載漫画が胸や下着や様々なシチュエーションを描いているコマ・ページの分を、ほぼすべて黒髪ロングヘアーに充てています。例えばよくある胸を強調するコマ・シーンは描かれませんが、代わりに髪を強調するかのようなシチュエーションや繊細な髪描写があるという意味。

 ―――と、けっこうがんばったつもりですが、やはり画像なしでの説明は難しいです。詳細は各自で確認してみてください。エロ漫画は単行本出るの遅いんで「単行本出たら買おう」だと忘れてしまいますよ、という備忘録。良い黒ロン漫画でした。