読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムシブギョーのデザイン変更とサンデー編集部の対応について

漫画

 既にYahooニュースにも出ている通り、サンデー連載中の『常住戦陣!! ムシブギョー』の新キャラクターが中国のスマートフォン向けゲーム『少女前線』のキャラクターと似ているという関係者からの指摘があり、それを受けてサンデー編集部がキャラクターデザインの変更を決定しました。


nlab.itmedia.co.jp


 これに対し、『少女前線』のメーカーであるWave-Gamesはサンデー編集部の対応(ゲームに対する不適切な表現をし、謝罪は無し)を非難する声明を出しています。


www.inside-games.jp


 東京五輪エンブレムの件でもさんざ騒ぎになりましたが、パクリかパクリじゃないか論争は極めて難しいものです。余程の確証が得られない限り、パクリを認めなければ終わらないからです。

 そして、今回はその余程の確証が得られる段階にはなかった……これは私見ですが。

 漫画のキャラクターである以上、外見のデザインだけから全て判断することはできませんが、今回はサンデー編集部が早々に変更を決定してしまったため、判断材料が足りないと考えるからです。

 「いやいやこれだけ似てて判断材料が足りないってことはないだろ」という見解もあるかと思いますが、このご時世、似ているキャラクターは他にもたくさんあるというのと、始めに言った通りパクリを認めない場合、パクリを認めなくても言い逃れできないレベルの確証が得られなければならないので、少なくともその域には達していないというのが私の見方です。

 仮にこれから喋り出した時に話し方の特徴が似ていたり、戦い始めた時に戦い方や武器が似ていたりすれば、その域に達したかもしれませんが、その前に取り下げられてしまったので真相は闇の中です。
 もちろん「そういう後ろめたい事態になるから早々に取り下げたんだろ!」という見方もできると思います。ただ、事実としてそういう事態にはなっていないので、なんとも言えない。

 ですので個人的な見方としては、この段階で公式がパクリを疑うのも早すぎると思いますし、明らかに相手方を侮った上にデザインは変更させるサンデー編集部にも問題はあると思っています。

 また両者に共通に感じる嫌な部分としては、サンデー編集部は「長年応援して下さっているファンの皆様に無用の誤解を与えてしまうのは作者、編集部共に本意ではない」と、Wave-Gamesは「本タイトルは日本ではまだ無名な作品ですが、日本のイラストレーターさんや声優さんが参加しています。「タイトルすら聞いたことがない海外のゲーム」という発言は彼らに対する侮辱にも聞こえました。そして、公式ツイッターをフォロワーしてくださった8000人近くのファンに対しても非常に失礼かと思います。サンデー編集部には本作に参加しているイラストレーターさんと声優さんに謝罪してほしいです」と、二者間の問題に周りを巻き込んでいるところです。周りを巻き込むやり方は効果的な戦術だが卑怯なものと、私は考えます。


 『常住戦陣!! ムシブギョー』について少し。アニメ化作品とは言え今回の件で初めて知った方も多いかと思いますので。



 『常住戦陣!! ムシブギョー』は長い長いサンデー低迷期を支えてくれた漫画の一つです。サンデー系列誌の人気作だった『ムシブギョー』をリニューアルし新たに始めたのが今の『常住戦陣!! ムシブギョー』です。著者の福田宏先生は『うしおととら』の藤田和日郎先生のアシスタント出身で、藤田先生を受け継いだ良い少年漫画が出てきたと、周りでも好評だったように思います。
 4年前、『常住戦陣!! ムシブギョー』が始まった頃に私もブログに書いています。


mercury-c.hateblo.jp


 主人公の良い子っぷりに注目したレビューでしたが、著者の福田宏先生も元気な方でツイッターでもファンとあいさつし合ったりしています(※ただしこの3日ほどはツイートなし)。


 また先のレビューの翌年には『ぬらりひょんの孫』の羽衣狐様を彷彿とさせる蟲奉行様が出てきたことでインターネット上のこのブログの中でも盛り上がりました。


mercury-c.hateblo.jp


 タイミング的にもしかしたら「これもパクリだ!」と言う人が出てくるかもしれません。私の見方ではこれはパクリではないのですが、仮にこれをパクリと呼ぶ人がたくさん居ても私は福田先生に感謝しかありません。パクったくらいで生まれるようなキャラクターではないと思ってますので。


 福田先生が良い人で『常住戦陣!! ムシブギョー』が良い漫画だから、パクリなんてやるわけがないとか今回の件も無罪だとか、そういうことを言いたいわけではありません。気持的にはまあ言いたいけど、実際そこは関係ない。
 ただ、今回の件でヘイトを集めている福田先生に対してフォローの動きが見えない点が気になります。内部で何が起きているかは分かりませんが、パクリの有無は置いてキャラクターデザインの急な変更の負担があり、またWave-Games側や周りから非難を受けている福田先生に対して何らかのフォローをサンデー編集部はすべきと思います。

 特にサンデー新編集長は半年前に「サンデーの「漫画」に関わる全ての意思決定は編集長である僕がただ一人で行います」というコメントを出していた以上、今回の件の対応は今後に影響するものと考えます。

 私事ですが子どものころから15年ほどサンデー読んできて今本当に面白くなってるわこの雑誌と感じられる良い時期だと思っているので、今回ネガティブな話題で広まってしまい悔しいです。サンデー面白いぞ!!『だがしかし』だけじゃないぞ!!藤田和日郎も戻って来るぞ!!西森博之も戻って来るぞ!!『BE BLUES!』!!!桜庭さん!!!


mercury-c.hateblo.jp