読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週の黒ロン:『星野、目をつぶって。』

 今週の『星野、目をつぶって。』が髪ってる。髪ってます。



 『星野、目をつぶって。』はスクールカースト高校生活ものにラブコメ要素を加えたような漫画。充実した高校生活を送る同級生へのひがみやっかみから斜めに構えてしまう少年・小早川と、人気者グループの中心人物にして正義感と行動力あふれる女子・星野。同じクラスにいて関わることのなかった2人が、ひょんな出来事をきっかけに行動を共にするようになり、互いに影響を受けていくストーリーです。
 現在は2人の他にも仲間(?)が増えており、いろいろな人との関わりやイベントの中で徐々に2人が変わっていく、その「徐々に」という過程が本当に良く、週刊誌で漫画を追うことの楽しさを毎週感じています。

 作中において重要なキーとなっているのが「メイク」で、そのためにこの漫画ではメイクした人とメイクしていない人(きれいな人と地味な人)が分かりやすく描き分けられているのが特徴です。1巻と2巻の表紙を見比べるとよく分かります。



 瞳や睫毛の描き込みから、目鼻立ちがはっきりしてるのが美人顔、平坦でのっぺりしているのが素朴な顔というリアルな感覚が漫画に落とし込んでデフォルメされており、対比が分かりやすいです。余談ですがこの漫画の感想でメイク前の顔もかわいいじゃん!と言う人がけっこういますが、漫画的にデフォルメされた結果のかわいさなのでちょっとジャンルが違う話かなーと思っています。

 さて、そんな『星野、目をつぶって。』も今週から新章突入。
 今まで2人を主導していた大人が一時離脱し、さらに新たな人物が登場することで思わぬトラブルをもたらす予感の新展開です。
 ここで『星野、目をつぶって。』が投入したのはまさかの黒髪ロングストレート。


f:id:mercury-c:20161203084332j:plain


 「まさかの」と言ったのはこの漫画の主要な女性キャラクターに、現在ショートカットが一人もいないということ。そして黒髪ロングのポジションにはすでに松方さんという女子がいること。それらを併せてタイミングもまさかです。
 「スキあらば黒ロンっすよ!」とは言うものの、ここで黒ロンを出すスキを見出せた人がどれだけいるのか……。正直ぼくも読んでて「え、ここで!?」と驚いたくらいですし。

 予想外の登場でしたが、ここで黒ロンを出す判断は全力で支持。そしてこれは、メイクをキーとしたキャラクターの描き分けがはっきりしてるこの漫画で、はじめて「元々の素材が良い美人」の登場という気がします。
 「人形みたい」という初見の感想や、どうやら校内で有名らしくモデルかアイドルか何かの設定がありそうなこと。育ちの良さそうな外見とそれに反してずかずかとしたぶっきらぼーな話し方からそれが察せます。

 オーラの絶対量が違いすぎて引用画像だけでも素人目に格の違いが分かるレベルですが、ぜひキャラクターの描き分けが意識されているこの漫画の中で確認してもらいたいと思います。