『リズと青い鳥』の2プラス2

 お久しぶりです。みぞれの髪が好きです。


liz-bluebird.com


 『リズと青い鳥』がとても良かったので、これから観る人、もう一度観る人のために2年生組のキャラクターと関係をまとめてみました。映画は原作小説と比べて希美とみぞれ2人の関係に注力した内容となっていますが、それでも群像劇であり、2人の一番近くにいる2人、吉川優子と中川夏紀、そして4人の関係まで押さえておくとより理解が深まると思ったからです。多少私見は入りますので気になった方は一次文獻を参照ください。



  • 傘木希美

 まずは希美から。希美は中学時代、吹奏楽部の部長を務めており、人望があって演奏技術も高いです。明るく誰とでも仲良くなれる性格で、中学では鎧塚みぞれを吹奏学部に誘いました。中学最後の年のコンクール結果を悔やみ、みぞれと高校では金賞を獲ろうと誓います。

 しかし高校1年のとき部内で3年の先輩と対立。結果、部を辞めてしまいます。その後は社会人の吹奏楽団で音楽活動を続けていました。

 高校2年になり部の環境が変わったことで吹奏楽部に復帰します。そこでみぞれとのトラブルが生じましたが、現在は落ち着いています。

 みぞれに対する感情は仲がいい友達の1人といったものですが、みぞれの演奏技術に対しては無意識に嫉妬しており、それが言動に出ることも。そういった自らの暗い感情を段々自覚もしてきていますが、それを隠して明るく振舞うことができます。


  • 鎧塚みぞれ

 みぞれは中学時代、希美に誘われて吹奏楽を始めます。孤独だったみぞれにとってそのことは救いとなり、希美の存在は何より大きくなっています。そのため希美が高校で部活をやめた際、自分に何も言わなかったことに対しショックを受けています。希美にとって自分はそんなことを伝える価値のない関係なのかもしれないと捉えたからです。

 『響け~』本編でその気持ちは一応の解決はしますが。みぞれにとっての希美が強く依存するほどに大きな存在であるのに対し、希美にとってのみぞれは友人のOne of themである事実は残っています。

 一度部活を辞めた希美はまたいつか自分から離れてしまうかもしれないと考えており、常に希美と離れることへの恐れがあります。希美に強く依存していますが、一方で徐々に希美以外の周りの人間に対しても心を開いてきています。
 非常に高い演奏技術を持っていますが、それは希美とのつながりを持つものとして懸命に吹奏楽に取り組んできた結果であり、本人にとっては希美が一番で自分のことはあまり意識していません。

  • 吉川優子

 優子は現在、北宇治高校吹奏楽部の部長を務めています。行動力とカリスマはありますが、感情的でしばしば暴走もします。

 希美ともみぞれとも仲がよいですが、みぞれの希美に対する感情に気づいており、みぞれを常に気にかけ、無自覚にみぞれを傷つける希美を強く責めることもあります。

 これは優子もまた大好きな相手にとっての自分がOne of themである悲しみを分かっているからです。卒業した元部長の先輩やみぞれは、優子にとって大切な人ですが、相手からはそこまで大きな想いを向けられていません。優子は希美が部を辞めてからも一緒に吹奏楽を続けていた自分が、みぞれにとって希美のような存在になれないことを悲しんでいます。それ故に希美に厳しい。


  • 中川夏紀

 夏紀は優子を直情的な優子を抑えられる唯一の存在として、高校の吹奏楽部で副部長を務めています。

 4人の中では唯一中学時代に吹奏楽部に属しておらず、中学時代は帰宅部でした。やる気無げな中学時代、吹奏楽部の部長を務めていた希美は憧れの存在であり、それは今も同じです。

 そのため高校では希美の部活復帰に協力するなど、希美に甘い面があり、そのことを自覚もしています(「優子はみぞれに甘いし、うちは希美に甘い」(『波乱の第二楽章』p242))。

 希美とみぞれのそれぞれとは仲良く話しますが、2人の問題には積極的に立ち入らず、希美を責める優子を止めることで4人の間のバランスをとっています。


  • 希美とみぞれ

 希美とみぞれに関しては、「みぞれが好きな希美という人間の一面」に対して希美は無自覚、「希美が羨望するみぞれという人間の一面」に対してみぞれは無自覚という点が基本になっており、映画ではお互いにその本音をぶつけます。ぶつけますが、それでもそのときにも2人は噛み合いません。噛み合わないが、噛み合ってなさは分かったことで2人の前進になります。


  • 優子と夏紀

 優子と夏紀に関しては、希美とみぞれの一番近くにいる優子と夏紀が、近すぎるがために2人の関係にあまり深入りできないことが重要です。それ故に原作小説では後輩の黄前を働かせますが、映画版では別のアプローチが見られました。他人が簡単に手を出せない2人だけの世界ってのが百合度高いですね。

 優子と夏紀は、希美とみぞれの関係に深入りしませんが、完全に割り切っているわけではありません。特に優子はみぞれに寄り添ってめっちゃ立ち入りしたいとぶつかります。優子の爆発力は『響け~』本編の通りで、彼女はああいうことをやりたいんですよ今まさに。でも夏紀がそれじゃうまくいかないとブレーキをかけるんです。というような、優子と夏紀の関係まで押さえておくことで、結果的には何も起こらないけど緊迫した4人のやり取りも楽しめるようになります。


  • おわりに

 こうしてまとめてみると明らかで、優子先輩が好きなんですよね私。他人のために全力でぶつかって他人のために泣くことができるのは優しい人だなぁと思います。大人になると他人にエネルギーどんどん割かなくなるので余計に。
 優子先輩として鎧塚みぞれ先輩のためにめっちゃ尽くしたいですね。以上、みぞれの髪が好きでした(鎧塚みぞれ先輩の髪描写はため息ものでしたね……)。